2018年12月09日

熊本で「さい帯血講演会」開催!

計画中だった「さい帯血による再生医療 講演会」が正式に決定しました。
 主催者は「熊本県障害児・者 親の会連合会」様です。共催者として「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」が入ります。

 開催日は来年2月9日(土)、会場は熊本県総合福祉センターです。タイトルは「さい帯血による再生医療 講演会 〜へその緒(お)が未来を変える〜」です。8月開催した北中城村での学習会の延長線上にあります。

 内容を少し変えて、講演1で「脳性まひ、ぼくらはあきらめない 〜10人きょうだいの挑戦〜」の演題で私がお話します。講演2は「さい帯血治療の最新情報」の演題で、ステムセル研究所の土山 覚史(さとし)様が話されます。

 出身地の熊本で多くの方々にさい帯血移植の可能性を説いてきたいと思います。また、同じ脳性まひの子もお持ちの方や今後、出産する可能性のある方々に直接お会いし、是非、出産の際、さい帯血を採血することをお勧めしてきたいと思います。

 主催していただくことになった「熊本県障害児・者 親の会連合会」様には、開催に関して大変お世話になっています。また、多くの方々とお会いできることを楽しみにしています。

リーフレット最終便_R縦1000.JPG
posted by 塾長 at 20:39| 教育・子育て

2018年12月08日

さい帯血保管の記事

12月8日付け 琉球新報様がさい帯血保管を報じてくれましたので、謹んで転載いたします。

12月8日付け琉球新報_R.JPG


【図らずもさい帯血が保管条件を満たさず、保管できなかった方々もたくさんおられます。その方々のためにも、今後予想される難関をがんばって乗り越えていきたい所存です。】

 また、現在、熊本講演のリーフレット作成中です。完成しましたら近々アップいたします。
posted by 塾長 at 10:04| 教育・子育て

2018年12月06日

臍帯血の細菌検査の結果。

11月24日、出生時採血した「さい帯血」。総細胞数や幹細胞数は送られてきましたが、最後の関門であった細菌検査の結果が、いましがた、電話連絡がありました。

「陰性」、つまり、無菌でした。

陽性なら、どんなに細胞数が基準値を満たしていても、すべて水の泡になります。

良かったです。ただ、思ったように採血量がなかったり、細菌が見つかって管理・保管できなかった人もいると思うと、複雑な気持ちです。

これからも何があるか分かりませんが、謙虚に生きていきたいと思います。
posted by 塾長 at 16:23| 教育・子育て

2018年12月01日

命名の由来とラインのスタート!

 坊さんも走るくらい忙しくなると言われる師走(12月)になりました。我が家は新しい命の誕生に中高生4人の期末テスト、ラグビーと女子ソフトボールの部活、小学生3人の学芸会などが相前後して、11月中旬から師走のような忙しい日々が続いております。

 そんな中、現代科学では説明の利かないほど神秘的な出産をまた経験しました。そこでいつもの通り、命名は私の仕事として家庭内で暗黙の了解があるので、今回も思いを巡らしました。
 ちなみにこれまでの子の名は上から「依奈(えな)」、亜和(あや)」、「麻衣(まい)」、「朴然(ぼくねん)」「さわみこ」、「こはづき」、「万然(ばんねん)」、「こだまこ」、「わかみこ」となっております。

 それぞれ深い意味があります。すべて顔を見てから命名しました。医師はエコーで性別が判る時期になったら教えようとしますが、いつも拒否しています。それは命の誕生が神秘的だからです。
 ただ、今回はさい帯血採血の件があったので、命名は早めにしました。とても忙しいなかで命名すると、本人に申し訳ないので一応、候補を上げていました。

 以下は、11月27日までにまとめた「心然(しんねん)」の命名の由来に関する考えです。

初風呂洗い.JPG


【初めて自宅でお風呂に入る心然(しんねん)。新しいバスタブでまずは体を洗います。】

 今回は久しぶりの病院出産。内科診療も同時に受けていた関係上、データはたくさんあったが、どうも物質的な観点から命を捉えがちになりつつあった。しかし、やはり命を「物質」でとらえてしまうには抵抗があった。

 いろいろ名は「浮かんでは、消える」の繰り返し。特に妻が直接的な命名にしないでほしいという要望もあり、多少悩んだ。その結果、男なら「心然」(しんねん)、女なら「かなたこ」(宙子)に行きついた。

(参考)「カタカナム文献」は縄文時代以前、旧石器時代の後期、今から1万年以上前に書かれた超科学書。これ以降書かれた「ホツマツタヱ」の秀真(ほつま)文字の系列。カタカムナの歌は全80首。上古代人は、天文学、物理学、化学、生物学、心理学、医学、農学などを熟知していたと思われる。現代のカタカナの原形と考えられる。48文字。

(参考)「ホツマツタヱ」は大和武尊(ヤマトタケルノ命)の父である十二代目の景行天皇が編纂させた天皇家と日本の精神文化を集大成させた書。五七調で一万行が四十綾からなる抒情詩。神武天皇即位(紀元前660年)より8年前にはまとめられていた。その時使われたのが、この「おしで文字」。古事記、日本書紀の原典になっている。ひらがなの原形48文字。「ほつま」は関西弁の「ほんま」、「真の」の意、「ツタヱ」は「伝え」の意。

発風呂.JPG


【体を洗い終わったら、一緒にヒノキ風呂に浸かります。】

心然(しんねん) 命名の由来

 日本語のルーツは古事記(712年編)、日本書紀(720年編)(約1300年前)を考えると、少なくともそれより1000年以上前の約2300年前に中国文明の漢字文化の影響を受けて文字ができていたと思われる。そのころ日本は弥生時代。その前には文字が存在しなかったというのが定説だが、縄文時代の日本にはすでに稲作が行われていたという説があり、もっと以前の1万年〜数万年前の旧石器時代・石器時代からの高度な文化でつながっている。

 人類最古の文字は約7000年前のメソポタミア文明と言われている。しかし、古代日本の同時期には、「カタカナム文字」(カタカナ48文字の原形)があったという文献がある。
昨年、朴然と旅した石川県の真脇遺跡の竪穴住居にはホゾ、富山県の桜町遺跡の高床式建物にはホゾ穴があった。それぞれ約3200年前、約4000年前。稲作と高度な文化・文明が存在していたと考えるのは自然の流れである。つまり、稲作は縄文時代からすでに存在していて、それ以前にも確固たる文化が形成されているのではないか。文化には文字が不可欠である。
 このころ、カタカムナ文献【カタ(現象世界)カナ(目に見えない無限の力が存在する世界)ム(主)】と同系列の「ほつまつたゑ(え)」(秀真伝)という文献がある。(ひらがな48文字の原形)文字は「おしで文字」。

 人類は約30万年前に最終定住地を求めて世界各地から移動をはじめ、多民族が融合して日本民族の原形ができた。その後、大陸から日本が離れ島国となったが、以来、クニとして安定した社会を形成したことが、世界でまれにみる高度な文化を根付かせたと考えられる。稲作も文字も中国から渡来したものと考えられているが、逆ではないかという説もある。

 数万年前のカタカムナ人の価値観には、潜象世界と物質世界を併せ持つ「天然」と、物質世界の「自然」を意識していた。天然は無限世界で、その中に有限の宇宙球がある。宇宙球は物質世界と潜象世界からなる。
カタカムナ人は人間も人間以外の生物、無機質な鉱物や原子、これを構成する電子、中性子、陽子などの素粒子にも「アマナ」(タマシイ)が存在すると思っていた。つまり、宇宙球は物質世界と潜象世界の二重構造でできていると考えていた。

 アマナには始元の基礎物質量である「アマ始元量」で構成された「ココロ」(心)が存在している。アマ始元量は、宇宙球の外側に「カ」という目に見えないチカラが広がる無限の「カム」の世界がある。「カ」はすべての根源の材料であり、宇宙球はひとつではなくカムの世界が無数にあると観(かん)じていた。つまり、「心然」(しんねん)には、地球を含む宇宙には目に見えないココロ(心)やチカラ(力)が存在することを忘れて欲しくないために、名に「心」の文字を使った。
 人間は宇宙球と相似象でできているので、短期的な肉体の循環とともに、長期的なタマシイの循環のサイクルが重なっている。
 現代科学は現象世界、すなわち物質世界が宇宙のすべてだと考えて発展してきた。地球文明が行き詰って、事件・事故が後を絶たないのは、物質世界の背後にある潜象世界に気づかず潜象世界を無視してきた結果との認識から、これからを生きる「心然」(しんねん)には、その修正をしてもらいたいとの思いを託した。

 「然」はこれまでの上二人に共通した文字だが、日本人は西洋の価値観によって明治以降、自然をネイチャーとして人間と対峙して捉えてきた。しかしそれ以前には、あるがまま、自ら然り、のような、いわゆる「自然」を自然として意識していない自然観であった。明治以前には自然薯(じねんじょ)、自然法爾(じねんほうに)などにしか使われていない。
 男兄弟3人に付けた「然」は後者の意味の「然」である。だから読みは「ぜん」ではなく「ねん」なのだ。
現代科学が忘れている物質に存在する「ココロ」と、あるがままの「自然(じねん)」に沿う気持ちを併せ持ってほしいと願って命名した。

 伊勢神宮の心御柱、法隆寺の心柱。神様と仏様、ともに「タマシイ」が継承されている。「心然」に使った「心」も目に見えない天然のチカラ、ココロを大切にしてほしいと思います。「心」に一筆入れたら、「必」。偶然ではなく「必然」での位置づけです。

 以上、長くて難しい話しですが、名前にはこれまでもこだわっているので紹介しました。

ミルクあげ.JPG


【おおもての心然君。姉・妹の3人が競い合ってミルクを飲ませます。今は体重が心配なので母乳とミルクの混合です。】

 さてこの度、さい帯血による再生医療をの理解を深め、多くの方々に推進への協力をお願いするために8月の学習会時に立ち上げた「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」では、新しい無料コミュニケーションアプリの「ライン」を使うことにしました。

 管理者は当会の古堅寿也副会長です。ご自身も障がい児を抱える同じ当事者です。さまざまな手続きを精力的に行っていただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

 このブログは「おきなわ環境塾」で運営しています。教育、文化、子育て、建築、土木、環境、福祉、防災、まちづくり、くにづくりなど広い分野で書き込みををしていますが、ブログを訪問されている方の中で、「さい帯血による再生医療」に関心の深い方は「ライン」にどうぞ、ご登録されてください。
 さい帯血移植に関する最新情報が詰まっています。
ラインアカウントを検索して登録される方は「@gwf7588u」と検索して登録をお願いいたします。
注:@を含めすべて小文字

 我が家では男3名に女8名でしたが、11月24日以来、4対8になりました。男組は数では劣りますが、一人加わったので女組に負けないよう、がんばって参ります。
posted by 塾長 at 23:21| 教育・子育て

2018年11月29日

親子12人の新生活スタート!

 11月24日出産し、昨日の28日に退院しました。中部病院では普通、出産日を除き4日間入院するらしいのですが、家庭の事情や本人の回復具合がよかったなどを考慮していただき、3日間の入院で済みました。
 個人的には出産立ち合いやさい帯血の採血、子どもたちの世話、命名、出生届などで限界を感じていたので、とてもありがたく感じました。
 ただ、産後の肥立ちは重要ですので、無理をしない程度で家族に指示してもらえれば十分です。何せ、調味料や万然の薬がどこにあるかなど、入院に先んじて確認はしたつもりでしたが、日ごと動く家庭の状況はめまぐるしく変わるので、大変でした。今更ながら、9人の子育てで果たす母親の仕事ぶりは偉大です。

初御対面.JPG


 中部病院では入院中は夫以外は入れません。出産後は待合室まで出てきたら子どもと母親は会えますが、赤ちゃんとは直接会えずじまい。退院した28日に初めて「こんにちは 赤ちゃん!」でした。幼児二人の世話に退院時の荷物の運搬が加わるので、とても一人では対応できず、小学校の子どもを急きょ早引きさせて迎えに行きました。やはり、写真や言葉とは全く違うのか、迎えに行った子どもたちは「本物の赤ちゃん」をみて言葉にならない感動があったようです。

迎えに行った人と・・・.JPG


【上写真:「心然」君と初対面の子どもたち。下写真:病院の方に撮っていただいた写真】

 新聞記事では採れたさい帯血の量は100mlと80mlとなっていましたが、実際はそれより少ない量でした。しかし、保管条件に必要な総細胞数はあったのでホッとしました。

一番喜んだ人.JPG


【3男になる「心然」(しんねん)の誕生は家族全員よろこんでくれましたが、特に長男の朴然(ぼくねん)の喜びはひとしおでした。】

たまちゃん水あげ_R.JPG


力持ちわかみこ_R.JPG


【入院中の家庭では、それぞれ自分の仕事はもちろん、自分の仕事以外も子どもたちで分担して協力しました。上:中学校の花壇に水をかける4歳の「こだまこ」。下:ウサギやニワトリにあげるセンダングサを運ぶ2歳7か月の「わかみこ」。】

いないいないばぁ.JPG


【自宅で過ごす「心然」に「いないいないばぁ」をする「こだまこ」。】

28日のいい表情.JPG


【まだ見えないのかも知れませんが、目を明けた「心然」。】

 総細胞数は基準値を上回ったものの、最後の関門「細菌検査」の結果を待っている状態です。現在のところ、母子とも健康です。このまましばらくは一家12人の親子の生活が平穏であってほしいと願っています。
posted by 塾長 at 11:42| 教育・子育て

2018年11月25日

さい帯血の採血の記事

 出産当日のうちに採取したさい帯血をステムセル研究所に送りました。これから赤ちゃんのさい帯血、母体の血液検査等が残されています。無事、移植に使われる質・量の血液であることを望んでいます。

1面案内_R.JPG



社会面_R.JPG


【平成30年11月25日 沖縄タイムス朝刊記事】
posted by 塾長 at 09:09| 教育・子育て

2018年11月24日

満月に第10子誕生、さい帯血採れる!

 約1か月前、もしやと思い1日だけ入院しましたが、その後、予兆がなく毎日まだかまだかと待つ日が続きました。予定日の17日を過ぎ、次の満月を調べると11月23日。もう妊娠41週を迎えます。
 23日(昨日)、夕日が落ち、太平洋から望月(満月)が昇るのを見計らって、家族数名で近くの丘に登りました。

 
夜景と満月と海 (採用).JPG


【ゆっくり昇るお月様は、静かな海に穏やかな光を放っていて、人工の夜景とは異質でした。みんなで手を合わせて、今晩、強い引力を発揮しておなかの赤ちゃんがスムーズに出てくるように力を貸してほしいと願いました。】

月のクレーター (1).JPG


【クレータまで見える大きなお月様】

 11時10分ごろ、陣痛が始まったといって、長女が就寝したばかりの私を起こしにきました。すぐ飛び起きて事情を聞いたら20分間隔で陣痛があるといいます。11時半、11時50分の陣痛を確認すると、これは間違いないとして病院へ行く支度をしました。すでにこれまで以上に準備はできていたので、車に乗せました。

車の中の妻.JPG


【助手席で横になり、苦しむ家内。今日の日は満月ということもありますが、中学生、高校生(のうちの一人)がの期末テストが終了したという安心感もあったと考えられます。月の影響以外で生まれた3人は、大いにその傾向があります。3連休なので、学校が休みという安心感も手伝ったと思われます。人間はやはり、精神動物ですから・・・。】

深夜の国道329号.JPG


【国道329号は、3連休と深夜ということもあって普段の渋滞はうそのようです。おかげで12時ちょうどに自宅(北中城村)を出発した車は、うるま市の県立中部病院まで18分で到着しました。】

 これから先は通常の(?)自宅出産ならば詳細に説明できますが、残念ながら中部病院は写真撮影禁止。したがって、簡単に説明します。陣痛の間隔が20分から15分、10分と早まりました。しかし、7分前後から進まないため、早朝3時を回りました。徐々に間隔が近まり、陣痛の痛みを表す折れ線グラフがピークの100を何度も、しかも長く続くようになったので、その時が来ると感じました。
 隣の分娩室では別な妊婦さんがアーアーと大きな声で苦しんでいました。その人の子が先に生まれて産声か聞こえてきました。家内は複雑な心境だったと思います。
 いつも(自宅出産)と違う環境、例えば証明が煌々と点いている、医師や助産師、看護師が周りにたくさんいる、畳の上ではないなど。別な意味で緊張していました。また、さい帯血が無事採れるか、という課題もありました。

 そして4時を回ったころ、連続する陣痛に呼応するように何度か力むと頭が出てきました。自宅出産の場合はなににも触れることなく、ただ待ち受けるだけですが、今回は1週間も出産が遅れたせいもあって、胎児が大きいこともあって、医師が頭を掴んで出さざるを得なかったようです。結構、ショックな風景でした。
 ともあれ、午前4時7分、陣痛開始後5時間でこの世に第10子が誕生しました。いつもは性別などどうでもよいほど緊張していますが、今回は専門の方々が付いているので、性別を冷静に見ることができました。男の子でした。計量後の体重は3600グラム、きょうだいの中では一番大きな子でした。

ガラス越しの心然.JPG


やっと抱けた.JPG


元気.JPG


【何回経験しても、全部出産は違います。無事出産することが病院出産になって当たり前のようになっていますが、新しい命が分身するということはとてもリスクが伴います。病院出産と言っても、無事生まれてきたらメッケモン、奇跡と思った方がいいと思っています。】

さい帯血100グラム.JPG


100と80 (2).JPG


【第二の目的は「さい帯血の採血」。さい帯血のことがなければ自宅出産したかもしれませんが、きょうだい間の臍帯血移植を計画しているので、病院で出産することに・・・。やっと病院でさい帯血に対応していただくことになりましたが、その量や雑菌侵入のリスクは残ったままでした。おかげで最低必要な80CCは取れたようです。(医師の目分量)普通は1パックですが、2パックで180mlくらい採れたと思います。まずは第一関門突破!】

胎盤.JPG


【不要になった胎盤をいただきました。今後、林間学校で「命の教育」に活用したいと思っています。】

運び屋さん.JPG


【10時半ごろ、連絡しておいたステムセル研究所の依頼でさい帯血と母体の血液を入れる箱を研究所に送る方が見えました。無事、東京まで届くことを願いました。】

 深夜からずっと起きていて手続きや立ち合い、さい帯血の確認等で少し疲れました。家内も大仕事を終えたし、初の授乳で新生児室に入っていったので、私は帰路に着きました。
 
 残してきた9人の子どもたちはどうしているのか?・・・チャンと私たちがいなくても毎日の仕事はこなしていました。

馬ふん整理後の馬小屋.JPG


【馬小屋の馬ふん片付け。奥の黒いところまであった馬ふんを、きれい残らずたい肥小屋に移動していました。古いたい肥は、だんだん畑に移動。すべてきょうだい間のバケツリレー。】

奇麗になった水槽.JPG


【普段通り、馬の移動やイノシシへのエサあげ、アヒル・ニワトリ、ウサギやヤギへのエサあげ。今日は加えて闘魚の入る水槽の掃除をしていました。先週、リュウキュウメダカの入った水鉢の掃除は終えています。】

PB240961_R.JPG


【北中城中学校への侵入道路角に次女の亜和(あや)が生徒会長の時作った交通安全、学校案内看板への水かけもしていました。】

 今日の出産は特別な意味があります。国内でのさい帯血移植に向けての第一歩。来年2月に予定している熊本市でのさい帯血移植推進のための講演会への弾みになりました。
 これを機に、全国にリスクの少ない臍帯血移植による脳性まひ改善に、当事者家族として正面を切って進んでいきたいと思っています。取り急ぎ、ご報告いたします。
posted by 塾長 at 17:58| 教育・子育て

2018年11月16日

出産間近、小休止!&新聞連載14「木の目」。

 さい帯血の移植のため、第2子以来16年ぶりとなる病院出産。家族も11人に増えて家庭環境も変わりました。今年は長女と三女がそれぞれ大学、高校の受験を控えています。

 ところで、長女、次女の病院出産も含め新月・満月の前後(前1日から後3日)で出産したのは9人のうち6人。ほかの子は月齢ではなく、久しぶりに出張から帰ってきた夜など、精神的安ど感による出産もあります。今回は高齢でもあり予期せぬ受胎でしたが、さい帯血による再生医療が日本でも進み始めていることを知ったので、病院に相談し承諾を得て、さい帯血を採ってもらうことになりました。

 11月17日(明日)が出産予定日になっています。先月末、少しだけ兆候が見えたと思い、念のため一日だけ入院しましたが、空振りでした。
 新月(朔)は8日だったのでその前後と思いましたが、待てど暮らせど兆候なしの空振り。次の満月(望月)は23日。さて、どうなることでしょう?兆候があったら、2歳、4歳の子どもと特別支援学校に通う1年生の万然がいるので、頭がいっぱいです。

 飼っている動物のエサの準備や家の中の片付けなど、月初めに段取りしていましたが、またやり直しです。
出産したら無事に生まれたとしても最低4〜5日は入院なので、小学校、中学校、高校にそれぞれ2人ずつ通っているので食事や洗濯、弁当、小さい子や動物の世話、掃除など一気に忙しくなります。特別支援学校からの迎えもあります。また、万然は痙攣止めの投薬や食事、排便、入浴などの世話もあるので、きょうだいが全員がんばらないと難しそうです。

 そんな心配が渦巻く毎日。ここで気分転換に小休止。今年できたお米を精米しに行きました。去年のモミを使い、苗づくり、アゼづくり、代掻き、田植え、稲刈り、はぜかけ、脱穀まで全部手仕事。しかし、水は地下水、肥料は家で飼っている鶏糞と馬ふんなので完全無農薬です。沖縄なので草刈りが大変でした。

 出産後の離乳食(おかゆ)を作りたいと思います。

DSCN3459_R.JPG


【以前行ったJAの精米所は無くなっていました。やっと探して見つけた「伊藤精米所」(金武町)にお願いしました。モミからだから大変でしたが、熱心さが伝わったのか、快く受けていただきました。】

DSCN3474_R.JPG


【第2工程でモミが取れ、玄米の状態になります。】

DSCN3480_R.JPG


【最終段階です。白米として出てきます。少し、もち米も入っています。】

PB120393_R.JPG


【精米所の場所を尋ねた所では稲刈りの真っ最中。道路のガードレールには、稲刈りした後の稲木が干されていました。少し背が低く感じたので聞いたら、今年は台風の影響があって「不作」と返事が返ってきました。】

 また、来月は熊本から大切な友人が来沖します。出産後、お土産を考える時間も少ないと思い、一昨日、昨日、出かけました。その時の様子です。

PB150446_R.JPG


 【伺ったのは「知花花織」の作業場。国指定伝統的工芸品に指定されています。現在は知花花織事業組合が運営しています。作家それぞれが「社長」です。】

PB150465_R.JPG


【完成品は衣装や敷物、財布などに使われています。】

PB150468_R.JPG


PB150440_R.JPG


【知花花織の特徴は、経浮花織(読谷山花織は緯浮花織)。経(たて)糸で文様を作ります。織物世界ではたて糸には「経」、よこ糸には「緯」を用いていました。地球儀の経度・緯度を思い起こしました。】

PB150480_R.JPG


【「知花花織」の裏。こちらも一つの芸術品に見えます。】

PB150424_R.JPG


PB150416_R.JPG


【細い「筬(おさ)」を通ってくるたて糸。出産前に日本の伝統的な織物の製造過程を見学できて、心が潤いました。】

 とても美しいものを見せてもらいました。購入した「知花花織」。友人もきっと喜んでくれると思います。

 出産もさい帯血の採血も、この芸術品のように、周りの愛情に抱かれて誕生してほしいと思いました。

 「細部から文化が見える」の第14話「木の目」(平成30年11月16日付け タイムス住宅新聞)


14話「木の目」掲載控え_R1.JPG

posted by 塾長 at 12:15| 教育・子育て

2018年10月19日

連載「細部(ディティール)から文化が見える」第13話「思いを託す」。

本日付けのタイムス住宅新聞、「細部(ディティール)から文化が見える」の第13話、「思いを託す」〜家に住む生きもの〜が届きました。

第13回10月「思いを託す」_R.JPG


【おかげさまでこの連載も丸1年を越えました。これからも元気に原稿を書き続けたいと存じます。】

目.JPG


【出産に向かっていよいよ臨月に入りました。いまこそ大切な時期になりましたが、17日の朝、洗面所からなにやら怪しげな雰囲気が・・・。「ちょっと見てくれる?」というので見たら、家内の眼球に突起物があり、赤く飛び出していました。「どうした?」と聞くと、「糸ようじの先で目を突いてしまった!」。】

糸ようじ.JPG


【原因の糸ようじの先端。これが何かの拍子で眼球結膜に突き刺さったようです。おそろしい・・・。しばらくすると5ミリほど突出していた血の塊がだんだん広がっていきました。その時の写真が上の写真。眼科に行って診察しましたが、視力には影響がないようです。ただ、現在は内出血した赤い血が瞳以外に広がっています。本人は違和感があるといっていますが、私なら痛みでショック死したかも・・・。女は強し!というかこの人は強し!】

正座.JPG


【ショッキングな事件も多々ありますが、TVのない我が家で在宅の子どもたちには時々DVDを見せています。こっそり、「正座」している二人を撮ってみました。】

ブリッジ.JPG


【朝暗いうちから万然以外はエサあげをします。しぜんと体力がついているのでしょう、毎日言わなくてもブリッジを見せてくれます。】

背筋.JPG


【これは2歳の「わかみこ」の背筋運動のようす。】

ナナフシの子.JPG


【台風上がり。ベランダに「ナナフシ」の赤ちゃんを見つけたようです。我が家は周りが山、というより山の中の一軒家なのでいろいろな生きものに出会います。「立派に育ってね!」といってベランダの床を突き通して育っているクワの木に戻してあげました。】
posted by 塾長 at 11:10| 教育・子育て

2018年10月09日

台風24号の爪痕!

台風24号の襲来で、インターネットのモデムが壊れて未だに復旧できていません。ただ、ノートパソコンが辛うじて機能するので、投稿してみます。

自宅倒木.JPG


【久々、台風の影響が出ました。これは自宅前の道路に倒れた我が家のアカギです。吹き返しの時倒れたと思われます。家は柔構造で揺れましたが、大丈夫でした。アカギの木は大きい割には体が硬いので、耐えられずに道に倒れました。通行禁止になりましたが、役場から人が来て片付けしてくれました。もちろん我が家も総動員でした。ほかにも、裏山のイノシシの広場の15メートルほどあるアカギも割れて落ちました。】

家の坂台風直後.JPG


【自宅敷地内のスロープの状態です。】

タチガー荒廃.JPG


【裏のタチガー前の道路の様子です。家の周りの850メートルが守備範囲ですが、車も通れないところがありました。】

ターザンよろしく.JPG


ヤマモモの木.JPG


【イノシシの広場の前のヤマモモの木が一部折れて上で引っかかっていたので危険なため、ターザンよろしくロープを投げて枝にかけて落としました。】

タチガー前清掃後.JPG


【家族総出でタチガー前の道路(我が家では「タチガー通り」と呼んでいます)を片付け・清掃しました。】

カニ.JPG


【側溝掃除をすると、先住のモクズガニと出くわしました。近くに子どものカニや赤ちゃのカニもいました。みんな助かってよかった!側溝もこんな時はサッと流れず、落ち葉が溜まっていたほうがいいようです。】

清掃中タチガー.JPG


【タチガー通りの清掃の様子】

片付け後道路.JPG


【自宅前の道路の様子。家族の力は絶大です。】

片付け後敷地内斜路.JPG


【自宅内のスロープの様子。「緑のトンネル」からのこぼれ日が売りでしたが、すっかり明るくなりました。】

アカギの突っ張り (3)_R.JPG


アカギの突っ張り (9)_R.JPG


【自宅出入り口近くで倒れた大きなアカギの根元部分は役場が処分してくれなかったので、逆にこの台風の爪痕として、あるいは教訓として遺すことにしました。】

倒壊寸前のガジュマル_R.JPG


ガジュマル伐採中.JPG


伐採完了.JPG


【こちらは那覇市の住宅。2年前に引き渡した家ですが、防風林になっていたガジュマルが倒れそう・・と連絡がありました。見に行くと井戸のそばにあるガジュマルの木、2本のうち1本が根こそぎ浮いていて、隣のガジュマルに寄りかかっていました。いつもお願いしている植木屋さんは福岡に行っていて飛行機が飛ばず、どうしようもない状態になりました。どこの造園屋さんも復旧で忙しく、役所対応で動けませんでしたが、緊急性を訴えたところ、知り合いのそのまた知り合いの造園屋さんが駆けつけてくれました。ありがとうございました。住宅は風当たりが強い高台にありましたが、大丈夫でした。】

タチガー10月3日姉妹.JPG


わかみこタチガー.JPG


【台風一過、晴天が続きています。下の子どもたちはきょうだいが連休を全部使って片付けしている間、増水したタチガーの湧き水で遊んでいます。でも、ちゃんと集めた落ち葉や枝を運んだり、道路をほうきで掃いたりしました。】

こはづき台風の目.JPG


【1週間遅れの10月7日、小学校の運動会がありました。小学4年生の「こはづき」が出場した障害物競走の名は何と「台風の目」。3人一組で棒をもってカラーコーンを回っていきます。中央の組の右端。「台風の目」の係です。今度の台風では久々台風の目を体験しました。(二度目)それにしても、この時期によりにもよってプログラム名が「台風の目」とは・・・。】

さわみこリレー.JPG


【こちらは5年生の「さわみこ」のリレー。毎年のことながら、リレーはみんなに迷惑をかけはしまいかと心配が先に立ちます。もう少しで追いつかれて抜かれてそうでしたが、順位は維持したようです。】

組体操_R.JPG


組体操3.JPG


【5年生は組体操が定番。今年も、ハッとするような芸を披露してくれました。】

通常なら3人は出場する小学生の運動会なのですが、今年は万然が特別支援校の1年生なので少しさみしい気がします。家内は1年生の玉入れの時、突然涙を流していました。聞けば、病気にかからなければこの玉入れに参加していたはず・・と、万然が障がいをもったことに責任を感じていたようです。

次の日、朝食時の家族ミーティングで言いました。「運動会は赤勝て、白勝てと応援した。スポーツはひとつのゲーム。だからゲームオーバーでリセットできるが、人生はゲームじゃない。ずっとつながっているから、いつも真剣勝負。その時その時を一生懸命生きることがまた次につながるよ。」・・・と。
posted by 塾長 at 16:47| 教育・子育て