2019年03月25日

林間学校、講演会、近し!

 18日から始めた初の「さい帯血による再生医療推進・パネル展」。1週間と言っても、春分の日が間にあったので実質4日間でした。しかし、パネルと動画、アンケートや署名など盛りだくさんでした。
 パネル展には「さい帯血による再生医療の啓発」と「きょうだい間投与への署名」という2つの目的がありました。期間中、パネル展会場以外でも署名を集めさせていただきました。
 この場合の署名は「氏名」、「住所」が明記されている方に限ります。

 LINEでもお伝えしているように、この期間の署名者数は約180名でした。熊本での講演、その前の北中城村での学習会での署名者数、約70名を加えると、約250名になります。

 目標の500名の約半分です。しかし、短期間で一定の署名ができたことは、新聞やTVなどの報道のおかげもあります。その中でも、NHK総合の「おはよう日本」での約7分間の特集は、「全国ネット」の名にふさわしいデビューでした。今後の活動について回る実績だと思っています。

 現在、依頼後、回収できていない署名簿や、パネル展で持ち帰られた署名簿など、署名簿を改修すれば署名者数はまだまだ増える可能性を残しています。
 まだ道半ば。これからも活動を継続していきます。

 さて、一段落したかと思いきや、もうこの週末には「第30回きたなか林間学校」が間近に迫ってきました。31日の午後3時からの記念講演に向けてがんばります。(講演のみ参加は無料です)

 また、今回は林間学校への参加するお子さんの数が少ないように思います。小学4年生以上と制限したせいかもしれません。今回は1泊なので、小学生なら参加可能としたいと思います。どうぞ、お気軽にご相談ください。(改めてリーフレットは前のままですが、参加対象は小学1年生から中学3年生とします)

第30回春のきたなか林間学校案内リーフレット_R.JPG


 竹コップや竹飯盒(はんごう)に使う孟宗竹(もうそうちく)も用意できました。ちょっとサバイバルですが、人と自然の共生、人格形成、社会秩序を目指して、ともに楽しみながら学びましょう!
第九子と第十子の胎盤とへその緒を見せて、命の授業も行います。もう将来見ることのない授業となります。
posted by 塾長 at 16:26| 教育・子育て

2019年03月21日

パネル展、明日(20日)まで。

「さい帯血による再生医療推進・パネル展」が明日21日までとなりました。1週間との期間とは言え、春分の日が入ったので、実質4日。しかも役場が会場なので役所時間には閉まります。

しかし、村も協力して場所提供や署名活動に積極的なのでありがたいと思っています。せっかく手づくりでくくったパネルなので、今後も使用したいと思っています。

都合では31日(日)午後3時から開催する「講演会」の会場になる「ぬちゆるやー」の学習棟に展示しようかと思います。そうすると、自宅なので管理もしやすいし、時間的な制約も役場より緩やかにできることになるからです。

琉球新報さんに「パネル展」jの紹介記事が掲載されましたので添付いたします。
昨日お昼前のOTVのプライムニュースでも取り上げられました。映像は後日アップいたします。

「さい帯血治療」の周知も重要ですが、今は「きょうだい間投与」に力を入れ、多くの難治疾患の救済を広げるための署名活動に全力を尽くします。(署名活動は、パネル展が終わっても継続します)

目標は500人。ハードルは高いですが、頑張ります!

3月21日琉球新報パネル展記事_R.JPG
posted by 塾長 at 18:55| お知らせ

2019年03月20日

NHK総合「おはよう日本」で活動紹介!

北中城村役場でのパネル展は今日で3日目。署名活動も徐々に増えつつあります。

そこに「NHK」の全国放送の話が飛び込んできました。
ありがたい話しです。

人手も時間も資金もないなか、辛うじて地元の北中城村のバックアップのもと、「パネル展」を開催。「さい帯血」とは何か?から始めないと進まない「さい帯血による再生医療推進」の現実。そんな時、「パネル展」開催中にNHK総合テレビでの放送は、大きな助っ人になります。

第7子の「万然」の事例を活動の柱にして、「きょうだい間投与」の実現を目指し、全国の脳性まひや自閉症であきらめかけている多くの患者・家族に希望の光がさすことを目的に動いています。
考え方の特徴は、「関係者だけでなく、多くの皆さん」が関わることです。

活動を紹介している映像は熊本、九州、全国・・・と受信範囲が広くなる連れ、活動の進化とともに少しづつ進化しています。全国ニュースのタイトルは、「きょうだいのさい帯血を治療に」。徐々に目的が集中してきました。

この2〜3日、署名活動をする中で、多くの方々から声がかかるようになりました。TVなけでなく、地元や講演先の新聞社やラジオ、LINEなどを通じて「さい帯血」の言葉を見たり聞いたりすることが増えたためと思っています。

昨日現在で、「パネル展」開始後の署名数が、講演の時いただいた活動賛同への署名数を越えました。目指すは500人。住所・氏名のある署名がこの数に達した時、次のステップを踏みます。

我が家はTVのない家庭ですが、中古車を買ったとき付いていた小型テレビで今朝は見ました。写真写りが悪く、見にくい画像ではありますが、参考までに速報として添付します。

NHK総合TVの「おはよう日本」に採用されたニュース特集。(約7分)これをこれからの励みと支えにして邁進していきたいと思います。NHK様、ありがとうございました。

DSCN5574_R.JPG


DSCN5583_R.JPG


DSCN5587_R.JPG


DSCN5598_R.JPG


DSCN5599_R.JPG


 取り急ぎ、お知らせいたします。
 (後日、VTRを公開いたします)
posted by 塾長 at 06:52| 教育・子育て

2019年03月18日

「さい帯血による再生医療推進・パネル展」がスタート!

「さい帯血による再生医療推進・パネル展」が今日からスタートしました。午前10時から北中城村役場の第2庁舎の1階ホールで、新垣村長、砂川教育長をはじめ、役場の各課長などが出席してオープニングセレモニーが行われました。

 昨日まで、というより今朝までかかったパネル製作。いいあんばい、大学と高校受験で合格した二人がいるので。応援してもらいました。なんとか10時までに運び込み、セットできました。

 村長からは、これまでの関わりや行政としてバックアップしていく姿勢、組織強化のために署名協力をして応援していくことなどのお言葉をいただきました。ありがたいことです。

 私はあいさつの中で、村への感謝をはじめ、脳性まひになった経緯やその後の治療、さい帯血治療をめざして活動していることなどを話しました。
 今回は単なる展示会ではなく、活動賛同者を募り500名を目途に国に働きかけを行ないたい、という目的があります。このパネル展示会と31日の講演会の案内をするために各所を回る中で、署名活動も行いました。おかげで数十人の方々から署名をいただきました。

 この4日間で住所、氏名を明記された署名者が200名ほど増えたらありがたいと、思っています。以下に、今日のオープニングセレモニーの様子を写真で紹介いたします。

オープニング挨拶 (1).JPG


【主催者あいさつ。村への感謝とこれまでの経緯と現状、これからの計画を説明。特に万然が脳性まひを患ったいきさつや対応、さい帯血治療との出会い、その後の挑戦などについて話した。】

村長あいさつ.JPG


【村長あいさつ。これまで通り、代わらぬ支援体制や組織強化のための署名活動への協力などを話された。】

新垣邦男村長挨拶.JPG


【村長挨拶。右端は砂川教育長。北中城村内の小中学校4校の教職員の皆様には、賛同署名をお願いしています。ありがとうございます。】

_MG_1193.JPG


【パネルの説明中。村長も真剣なまなざしで受けられた。国内でのさい帯血の「きょうだい間投与」を本当に願っておられるのが分かった。】

全景VTR・パネル.JPG


【会場風景。パネルだけではなく、ニュース動画もまとめて放映中。】

パネル.JPG


【手作りパネル。家族のありがたさを感じます。】

皆さんに説明.JPG


【皆さんに説明中。】

署名中.JPG


【さっそくのご署名、ありがとうございます。】

見学風景.JPG


【セレモニーの後展示パネルに見入る方々。】

 北中城村での学習会開催、名古屋での研究会参加、第10子の出産・さい帯血採取、LINEの開設、新聞投稿、熊本での講演会に続き、団体として初めてのパネル展の開催と、この8か月がんばってきました。
 今後も「さい帯血治療」の普及、PRとともに、日本で初の「きょうだい間投与」を目指し、孤軍奮闘してまいります。どうぞ、ご協力のほど、よろしくお願いします。

(来週は「林間学校」、「講演会」、「ラグビースクールの合宿」などが待っています。)

自分に対して、「エイ、エイ、オーッ!」

3月19日追伸:「パネル展」開催の沖縄タイムス記事

3月19日沖縄タイムス記事_R.JPG
posted by 塾長 at 17:07| 教育・子育て

2019年03月17日

18日から「パネル展」、31日は「講演会」!

さて、いよいよ明日18日(月)10:00から北中城村役場第2庁舎1階ホールで、「さい帯血による再生医療推進 パネル展」〜へその緒が未来を変える〜を開催します。

沖縄での学習会、熊本での講演会を経て、組織も全国的になりました。しかし、まだまだ「さい帯血治療」への関心度も認知度もいまいちです。

願いは脳症や自閉症の家族だけでなく、広くさい帯血による再生医療が知れ渡ることです。さい帯血の採取は患者・母親に身心ともにリスクが少なく、生命倫理上も問題があまりありません。脳性まひの子どもを抱えた家族のほとんどは治療法がない、としてあきらめていますが、古くて新しい「さい帯血による再生医療」は難治疾患の患者・家族に希望の光をもたらします。
確かに科学的にはまだ未知の世界が多く、副作用などに不安があるかもしれませんが、「最新技術」と不安とは背中合わせです。

 既に米国では「さい帯血治療」は「自己投与」だけでなく、「きょうだい間投与」まで臨床研究が進んでいます。国内においても「自己投与」による機能改善例が実証されています。

 「万然」も来月から2年生。目も見えず、四肢も不自由で立てません。しかし、決して家庭的に不幸せと感じることはありません。12人の家族は自然と共生しながら、自由闊達に、かつ、「万然」を中心に動いています。

 ただ、できることならうっすらでも光を感じて欲しいし、ひとこと、言葉も出してもらいたいと思います。米国で治療する方法もありますが、国内で治療ができれば、多くの難治疾患の患者・家族の経済的負担が軽減できます。国内の医療が進展し、国の法律が緩和できれば実現可能です。
 最終的には「他家投与」できることが夢ですが、目の前の高いハードル、「きょうだい間」のさい帯血投与を、まずはクリアしなければなりません。

 今回のパネル展は北中城村の理解の上で、実施できることになりました。この活動の賛同者が500名を超えた時点で、「きょうだい間投与」を待ちわびる家族を代表して国に「きょうだい間の臨床研究」を急ぐよう働きかけたいと思います。

 日本で初めての試みはこれまで建築の世界では行ってきましたが、医療分野では初。「一人ではなにもできない、しかし、一人が始めないと何も変わらない」がモットーの自分としては、粋(意気)に感じて進めていきます。

 そこで現在、活動に関する賛同者を増やすために、署名をお願いしています。パネル展に置く用紙と同じものをこのHPブログに添付します。どうぞ、ご理解の上、お近くの方々にお話をされて、疎明後、返信していただだければありがたいです。展示会に行かなくてもアンケートは書入れ可能です。

送信先はFAX 098−935−2266
Eメール nuchiyuruyan@yahoo.co.jp (専用返信メール)
(賛同者名と住所等を直接メールに書かれても結構です)

 おかげさまで、すでに職場や学校の職員様から署名簿が集まり始めました。パネル展やそのあとの31日の講演会でも署名を集めさせていただく予定です。
よろしくお願いします。

名簿・アンケート (1)_R.JPG


【パネル展と講演会のお知らせ】

アンケート_R.JPG


【パネル展に置く予定のアンケート用紙】

名簿・アンケート (3)_R.JPG


【賛同者名簿。ご氏名、ご住所は必須です。連絡先は自由です。お一人分でも結構です。】

 今日は黒ウサギ以来の誕生がありました。飼っているウコッケイの卵が孵(かえ)りました。・・・というより、孵しました。
 以前から飼っていたウコッケイ。しかし、メンドリはわずか1羽に減ってしまいました。放し飼いなので自由に暮らしていますが、その分、野犬やカラス、マングースなどの天敵におそわれます。先日、もう一羽メンドリをいただいたのですが、以前から我が家にいたメンドリは卵を産んだあと抱き始めても、孵るまでの間に自分で産んだ卵を食べてしまう癖があります。

 何回も経験したので、今回はさすがに卵がかわいそうになり、5個残っていた時点で自宅に引き取りました。 そして初めて人工孵化に挑戦。昨日、卵に小さな穴が開き、今朝はもう少し広がっていましたが、母親のもつ湿気には勝てません。
 時々、霧吹きを掛けましたが、電灯と湯たんぽで乾燥した空間で卵膜がくちばしや目に付いていて、身動きできなくなっていました。

卵割れはじめ_R.JPG


【家の中に孵化場を設置。暖かさは電球2個と湯たんぽ。卵の殻に小さな穴が見えてきました。くちばしの先が見えます。黒いものは新聞紙。外では古新聞紙の上で抱いていたので、殻に付いてきました。】

 そこで「霧吹き」をしたあと、ゆっくり「帝王切開」をしました。最後は自ら「殻を破って」出てきました。通常のふ化は見ているので、母親と卵の「卒啄」は経験済みです。母親の真似をして卵をコンコン、と軽くたたいてノックしました。心が通じたのか、元気に出てきました。

人工ふ化_R.JPG


【一夜明けて今朝、「帝王切開」の手術。狭かっただろうけど、元気にかえりました。】

立つ_R.JPG


【3時間もすると徐々に濡れた体や羽毛が乾いて「ヒヨコ」らしくなりました。命には大小はありません。どの命も一緒です。だから「人間の命は地球より重い」という考えには抵抗があります。】

あと4個ある卵。無事、かえって欲しいと願っています。

パネル展まであとわずか。団体と言ってもいまは実働部隊は「家族」です。みんなでもう少しがんばります。
posted by 塾長 at 16:32| 教育・子育て

2019年03月16日

連載18「宙に浮く心柱〜御魂を守る文化〜」、「パネル展」「講演会」の案内

忙しくて発刊日より遅れて連載記事を掲載します。
今回は「宙に浮く心柱〜御魂を守る文化〜」。最近はこれまで以上に「建築は従」と思っています。環境教育も人格形成のひとつの手段として位置づけしています。つまり、環境教育や建築を目的化していません。年を重ねるとともに、人生観は微妙に変化していくのだな、と思います。

第18話「宙に浮く心柱」原本_R.JPG


【平成31年3月15日付けタイムス住宅新聞連載(毎月第3週の金曜日)18話「宙に浮く心柱」のコピー】

ほーむぷらざ_R.JPG


【沖縄タイムス北中城村での記者会見の様子の記事と林間学校、パネル展の案内】

宙に浮く心柱 公開_R.JPG


【タイムス住宅新聞のニュースで3月31日の宙に浮く心柱の公開と講演会案内を掲載した記事】

おっぱい飲み.JPG


【先日産まれたウサギの赤ちゃんが離乳期に入りました。5羽のうち、まだ乳離れしていないウサギの子たち】

草を食べる.JPG


【離乳してセンダングサを食べるウサギの子たち】

3月7日出生_R.JPG


【隣の部屋ではまた新たな命が誕生。6羽いると思われますが、今は人のニオイを移せないのでさわって確認できません。今しばらくの辛抱・・・。しかし、生きものはみんな小さなうちはかわいいなぁ。】

依奈球陽高校張り出し看板(朝之・由菜).JPG


私事で恐縮ですが、長女は千葉大学に合格しました。北中城中学校出身の朝之君が九州大学、由菜さんが東京外大に合格して、ともに卒業した球陽高校の張り出し看板に氏名が掲げてありました。
長女・依奈は県外進学大学生支援事業(給付型奨学金)の枠、25名に球陽高校で唯一通っていたので、「親孝行」です(?)。
ついでに先日の高校入試で長女を追うように三女が球陽高校理数科に合格しました。同じ高校の同じ科の先輩・後輩になります。ともに、健康に留意して社会のためになる人材になってほしいものです。

なお、18日から始まる北中城村役場でのさい帯血「パネル展」で、活動への賛同者の署名をお願いすることにしていますが、時間が合わない方や遠方の方には下記のメールアドレスで受付をいたします。

さい帯血による再生医療への理解と、さい帯血のきょうだい間投与を推進する活動にご賛同される方は、どうぞ下記の専用アドレスにご氏名、ご住所をお知らせください。情報を他に漏らすことはありません。
よろしくお願いいたします。

nuchiyuruyan@yahoo.co.jp
posted by 塾長 at 10:29| 建築

2019年03月08日

0306記者会見の記事

3月6日13:00から北中城村役場で行われた「さい帯血による再生医療推進」に関する村と「臍帯血による再生医療推進全国ネット」との連携(バックアップ)体制についての記者会見の様子が琉球新報で記事化されましたので、掲載いたします。

なお、本日午前7:45からのNHK「おはよう日本」のなかのローカル枠「おはよう九州・沖縄」で活動の様子が紹介される予定です。
多くの賛同者、協力者、応援者が増えることを祈っています。

3月8日琉球新報記者会見_R.JPG


追伸:沖縄でも放送されました!活動の輪が広がってほしいと願うばかりです。

posted by 塾長 at 07:37| 教育・子育て

2019年03月06日

記者会見

3月6日13:00より、北中城村役場村長室で記者会見が行われました。
テレビ局は、NHK沖縄、RBC、OTV,QABの4局。新聞は沖縄タイムス、琉球新報の2社です。

行政がバックアップしていただける活動の一環として、1、3月18日からの展示会(役場第2庁舎1階の多目的ホール)のご提供、2、同場所での第30回きたなか林間学校の案内チラシの配布(講演案内)、3、役所の一角にさい帯血による再生医療に関する資料と活動賛同者が署名する場所を設けていただくことをお願いしました。

1、2はOK。3は検討するとのことでした。

久しぶりの記者会見でしたが、なんとかお話はできたと感じています。

TV各局は本日夕刻のニュースで流す予定だそうです。また、NHK沖縄では8日(金曜日)午前7:45〜8:00の「おはよう日本」のなかの「おはよう九州沖縄」のローカル枠でできないとのことでしたが、今日来た記者さんいお尋ねしたら8日、九州と同じ時間帯で流すそうです。沖縄の皆さんも見れますので、お知らせしました。

記者会見の様子を取り急ぎ、添付いたします。
北中城村の新垣村長、報道各社、各局に御礼申し上げます。

DSCN5071_R.JPG


DSCN5081_R.JPG


DSCN5105_R.JPG


DSCN5129_R.JPG


DSCN5143_R.JPG

posted by 塾長 at 17:08| 教育・子育て

今日、記者会見。8日はNHK。

今日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。土の中に身を潜めていた虫が、暖かさを感じてゴソゴソと動き出す時期です。越冬した「蚊」がたくさん見受けられるので、沖縄はずっと「啓蟄」ですが・・・。

長女の大学受験が終わったかと思いきや、今日は三女の公立高校入試の初日。次から次へとハードルがあります。次女のハードルは手術でしたが、おととい完了。あと2週間ほど入院生活が続きますが、経過は良好です。

さて今日は、昨日午前11:30ころ、急に決まった「記者会見」。私は沖縄県や熊本県の県庁記者クラブでの経験はありますが、今回は北中城村役場の村長室。内容は「さい帯血による再生医療」の推進について。これからの計画や行政とタイアップした活動の展開を村長とともに話そうと思います。会員数500人を目途にアクションを起こしたいことや、間近に迫った講演会の案内、行政の協力による活動内容の展示、賛同者の常設記帳所の設置などです。
急な話でどうなるか分かりませんが、頑張ってみます。

もう一つ大きな話題があります。明後日の3月8日朝、NHK「おはよう日本」の地域枠「おはよう九州・沖縄」(7:45〜8:00)のなかで約5分、先日NHK沖縄で放送されたニュース特集の再放送がある予定です。
ただ、沖縄県だけは別枠の放送になるようです。(あとでどこかの時間帯ではいいる可能性はあるようです)福岡から鹿児島までの地域では見ることができますので、是非、ご覧いただけたらありがたいです。

この放送は私たちの団体としては大きな一歩です。沖縄と熊本では新聞、テレビで報道はされましたが、その他の県では認知度がゼロに近いです。「・・・全国ネット」にふさわしいデビューになります。

そしてこの機会にたまたま記者会見。一歩一歩、コツコツ目標に向かってがんばっていきます。まさに土の中に眠って蓄積していたチカラを一気に表に出す「啓蟄」の節気のように・・・。
高校受験も同じです。これまでの努力(?)をこの2日間に発揮してほしいと思います。

デビューと言えば、5歳になった「こだまこ」が「合気道」でデビューしました。

準備運動 (2).JPG


【準備運動は1時間の練習の内約3分の1の20分もあります。ケガをしないように・・・。準備運動だけには第9子の「わかみこ」も参加します。】

準備運動.JPG


【準備運動の腹筋運動。2歳にはちょっとハードかな?でも5歳の姉にならって頑張っています。】

決め技1.JPG


【「合気道」に勝ち負けはありません。つまり試合は「なし」です。襲われたら宇宙の摂理を使って護身します。大活躍の「こだまこ」。】

朴然を・・.JPG


【兄ちゃんを投げます!(自ら倒れてくれます)。これで、いい感触をつかんだようなので、長続きに期待できそうです。】

心然&万然.JPG


【万然(左)と心然。男同士、仲がいい!】
posted by 塾長 at 06:35| 教育・子育て

2019年03月03日

第30回、31回林間学校(ラグビー合宿)と講演会&生きものたち

3月に入って、林間学校の参加応募が徐々に始まりました。
間違いやすいので、再度案内を行います。

第30回は小学4年生以上中学3年以下で、1泊2日です。2日目の3月31日に30回記念特別講演を企画しています。7月開催した「さい帯血による再生医療学習会」にご参加できなかった方々のために、林間学校の「命の授業」の一環として話します。学習会以降の進ちょく、変化についてもご説明したいと思います。

第30回春のきたなか林間学校案内リーフレット_R.JPG


【「第30回きたなか林間学校」の案内リーフレット】

琉球新報2月14日付け熊本講演_R.JPG


【「さい帯血による再生医療推進全国ネット」への移行を発表した熊本講演の記事(琉球新報)。今後の活動に必要なことは、さらなる理解者(賛同者)の拡大です。そのためにも、林間学校時に小規模ではありますが、直接対話による講演会を開くことにしました。】

第30回に続き、その週の4月4日〜6日までの2泊3日で、「第31回きたなか林間学校兼沖縄ラグビースクール限定‘19春季合宿」を行います。こちらは朴然が通うラグビースクールの合宿兼用の催しです。一般の参加はできません。

第31回林間学校&ラグビー合宿_R.JPG


【「第31回きたなか林間学校兼沖縄ラグビースクール限定‘19春季合宿」の案内リーフレット】

一般参加は3月30日・31日の林間学校ですので、くれぐれもお間違えの無いよう、お願いします。

さて、3月1日は長女が通う高校の卒業式でした。大学受験前期を終え、結果待ちの不安定な時期ですが、家庭ではささやかなお祝いをしました。

ブレザー投げ.JPG


【球陽高校恒例(?)のブレザー投げだとか?最近は厳かさより華やかさが目立ちます。昔は国歌斉唱、送辞、答辞、仰げば尊し八分音符、蛍の光八分音符で別れを惜しんだものですが・・・。私は参加しませんでしたが、もう少し慎ましくできないものかと思います。】

エナ顔.JPG


【家庭では「お姉ちゃん」の似顔絵が入った「ちらし寿司」と、めでたい「鯛のお吸い物」を作って祝いました。】

一方、大学受験で上京した長女や高校受験を控えた三女などの影響で延び延びになっていた家内の誕生祝いのイベント。とはいってもいつもの「家族劇」がやっと1週間遅れで開催されました。シナリオづくりやプロデュース、照明係もいます。今回は「花の妖精」がテーマ。狭い部屋に飾り付けを施し、急造の「観客席」で観ました。

劇.JPG


【役者と裏方の紹介】

劇 (3).JPG


【迫力の演技?】

劇 (2).JPG


【大笑いの観客】

劇 (1).JPG


【感謝の言葉とプレゼントにうるうるの45歳。金のかからない立派な家族劇でした。】

ウサギの子.JPG


【先日生まれたウサギの子はなんとか自立したようです。】

道路を歩くモクズガニ.JPG


【春は移動の時期。モクズガニも移動しますが、道路を歩くのであぶない、あぶない。】

赤ちゃんカニ.JPG


【湧水が流れる側溝を掃除していたら、カニの赤ちゃんを発見!そっと元に返しました。「天敵に負けずに頑張って生きてよッ!」思わず声を掛けました。】

太り過ぎのチョ子.JPG


【最後は「食欲の春?」を代表するイノシシの「チョ子」。ちょっと太り気味かな?】
posted by 塾長 at 22:59| 教育・子育て