2018年04月20日

タイムス住宅新聞連載「細部から文化が見える」第7話

本日(4月20日)、タイムス住宅新聞に連載中の「細部(ディティール)から文化が見える」の第7話が掲載されたので見開き2ページを1ページにレイアウトして転載いたします。

今回は「日本最古の『ホゾ』」〜真脇遺跡に見た究極の知恵〜です。

第7話新聞原稿地色白のリサイズ.JPG


来月の予定は富山県桜町遺跡で出土した高床式建物に使用された床梁(ゆかばり)の大入れ(穴)の話です。縄文時代に竪穴式ではなく高床式建物がなぜ出現したのか、その理由と現代の文化、自然観に及ぼす影響などをつづります。
posted by 塾長 at 08:55| 教育・子育て

2018年04月18日

「さのぼり」終了!

4月18日(日)、例年より早く田植えを完了しました。
第5子の「さわみこ」(5月1日生まれ)の名前の「さ」は、田植え完了祝いの「さのぼり」や「さつき」からとっています。田植えの完了祝いは「さのぼり」と言ったり、「さなぶり」と言ったりします。

我が家もこの4月から高校生が2人、中学生が2人、小学生が3人になり、入学や進級が重なり大変でしたが、全員がやっと18日に揃ったので、田植えをしました。

以下は、その様子です。

種.JPG

【去年の種を水に漬けて芽と根が出たのを確認したので、育苗箱にふるいにかけた土を敷き込み、まきました。この後、土を軽くかぶせて水をかけます。】

覆い.JPG


【しばらくの間、お日様を当てないように覆いをして育てます。】

育苗箱.JPG


【こっそり覆いをとって見てみると、やっと出てきた苗にたくさんの露がついていました。】

代掻き.JPG


【代掻き中です。田んぼといっても、傾斜地にある自宅の中なので、猫の額ほどの面積。代掻きも田植えも一日で終了予定です。】

代掻き (2).JPG


【一応、棚田です。こちらも代掻き中です。「田んぼづくりはアゼづくり」と言われるほど田んぼから水を漏らさないアゼづくりは難しいです。しかも、こんなに段差があると、尚のことです。】

苗とこ.JPG


【育苗箱をそれぞれの田んぼに運びます。まだ苗が小さいとは思いましたが、今後の家族のスケジュールを考えると、今日しかないと考え決断しました。】

田植え (2).JPG


【道路側の狭くて小さな田んぼでの田植えです。】

田植え.JPG


【小雨の降る中、子どもたちはがんばって田植えをしました。】

看板田植え.JPG


【「♬水は天かーらもらい水ー八分音符・・・」。熊本民謡の五木の子守歌の歌詞通り、水は白比川の最上流のひとつ「タチガー」の湧水からもらい水です。ただ、子どもたちは「♬やってみよう!八分音符の歌をみんなで楽しく歌いながらの作業でした。肥料は馬ふんのたい肥なので完全無農薬、無化学肥料のコメ作りです。】

3日目 (1).JPG


【田植え後2日間、雨でした。18日にしてよかったと思いました。今年は苗が少なかったので、最初辛抱していたので、ひと株のところもありました。しかし何とか根付いたようです。】

3日目 (2).JPG


【棚田の方の様子です。こちらも何とか根付いているようです。】

3日目 (3).JPG


【苗を辛抱しすぎたので、逆に苗が余ってしまいました。しかたなく、闘魚やメダカが棲んでいる左官工事用のトロ箱に田植えしました。去年もトロ箱稲を作ったので土が入っています。】

元気に育ってほしいと願っています。子どもたちも・・・。
posted by 塾長 at 16:56| 教育・子育て