2019年01月18日

連載第16話「いの一番」

タイムス住宅新聞の連載、細部(ディティール)から文化が見える」の第16話、「いの一番」が本日掲載されましたので、アップしました。

第16話「いの一番」原本_R.JPG


この2〜3日は受験(受検)ラッシュです。今日は三女が高校受験(推薦)、四女・五女は漢字検定を受検、明日は長女が大学受験(センター試験)、長男は数学検定と続きます。特に助言することなく、「平常心でね!」だけ・・。面接のある三女には返事と姿勢。センター試験の長女には、「体調管理」くらいです。
子どもたちはそれぞれ仏壇に手を合わせ、「おふくろ」にお願いしていました。天国のおふくろもたくさん来るので、面食らっているかもしれません。

「試験は実力と運、がんばってね!」と送り出しました。

それでもまだ暗いうちから今朝もエサあげを敢行。体と頭の体操を軽くしたので、血管はスムーズに動いていると思います。それにしても、東の空にあった「冬の大三角形」は奇麗でした。

posted by 塾長 at 09:03| 教育・子育て

2019年01月06日

三社参り

正月3日になったので、外に出ることにしました。万然のこともあって、人ごみに乳児を連れていくことはなるべく避けたいとの思いもありましたが、1年のはじまり、できるだけ人が少ない時間帯に回ることにしました。

沖宮で家族.JPG


【まずは「沖宮」(おきのぐう)。「心然」(しんねん)の日明きで先月お参りしたばかりです。その時はスロープは工事中で使えませんでしたが、この日は使えました。行きは階段、帰りはスロープのコースの一方通行でしたが、お宮にお願いしたら快く承諾を得ました。バギー(車いす)を使う万然と一緒なのでスロープがないと往生します。知り合いになった神官さんが撮ってくれた写真です。伊勢神宮と一緒の神明造りの本殿にまたまた見とれました。】

ちゃーん.JPG


【沖宮にはチャーンがいました。本物です。幸せを呼ぶニワトリの声が響くお宮も珍しいと思います。】

護国神社帰り道.JPG


【二社目は隣接する沖縄県護国神社。ここも階段脇にスロープはありますが、とても拝殿までは行けません。近くからお参りして帰りました。】

護国神社あった方.JPG


【さい銭箱まで行けなかった護国神社ですが、不思議な出会いがありました。昼ごはん抜きだったので、外食は滅多にさせない子どもたちにタコ焼きと焼きそばをご馳走しました。ところがその時、その店の方(Tさん)が寄ってこられて「新聞に載っていた方ですよね。うちの子も脳性麻痺なんですよ。」。チョット慌てましたが聞けば、「学習会にも行きたかったが知ったのが次の日でした」「大家族で移動中だったので、もしかしたらと思って声をかけました。」とのこと。神様が合わせてくれたのかも知れません。しばらくお互いの事情や今の活動内容などを話しました。】

出雲大社沖縄分社.JPG


【最後は出雲大社沖縄分社。毎年、お参りしています。今年は大学受験、高校受験生がいます。それぞれ思いは異なるかもしれませんが、年に一度のお宮参り。私は万然へのさい帯血移植や子どもたちの健康などなど、一方的ですが、「お願い」ばかりしてきました。今年もお餅を我が家で搗いたし、その餅(魂)をいただいているので、きっと災いは少ないだろうと思っています。】

チョコ.JPG


【今年の干支のイノシシ。我が家のイノシシの名は「ちょ子」(メス)です。】

猪のエサあげ.JPG


【「ちょ子」には、毎朝、毎夕、エサをあげますが、この日は長男の「朴然」があげた後、第九子の「わかみこ」が最後に少しだけあげました。体重は「わかみこ」の10倍くらいあります。】

スズメ.JPG


【帰ってきたスズメ。家の前の畑の肥料(米ぬか)にスズメがたくさん来ました。7(スズメ)対3(シロガシラ)の割合くらいで外来種のシロガシラがいましたが、それでも在来種のスズメが帰ってきたので嬉しく思います。】

1月上旬というのに、夜はカエルの合唱が聞こえます。ヘビもカエルも冬眠しない沖縄の冬ですが、この1年、さまざまな挑戦を重ねようと思いつつも、心は穏やかで暮らしたいと思います。

周りに生きものが多いと、子どもたちもどこか優しくなるようです。どうぞ皆様方も心安らかな1年でありますよう、お祈り申し上げます。
posted by 塾長 at 07:49| 教育・子育て

2019年01月02日

明けまして おめでとうございます!

明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

日本はお腹にいる間も年齢に入れる数え年。だから、今のように誕生日で年を重ねるのではなく、元旦に家族そろって「お互い、めでたく、明けることができて、おめでとう」となります。どなたとお会いしても、一緒に新しい年を迎えられて「おめでとう」という意味があります。

毎年のことながら、朝早くから湧水の水神さんでもある祠(ほこら)地蔵さんを清めることからスタート。年末までに掃除やコケ取りなどは終えていたので、元旦は飾り付けをしました。

撮り直しタチガー池.JPG


【平成の名水百選のひとつ、タチガー下に創出した池に建立したお地蔵さん。縄を締め直し、御幣を下げ、お神酒をあげました。お花は近くに咲いていたカンナやインパティンス、お餅は大みそかに搗いた自家製餅。それに炭、ミカンを添えました。昨年は珍しく湧水が枯れませんでした。今年も清廉な水が湧き出で続けますようお祈りしました。】

自宅池撮り直し.JPG


【こちらは自宅の水車小屋下の池にある祠地蔵尊。同じように飾り付けを完了。生きものがたくさんいるので、産まれたり死んだりします。魂を鎮めるために建てたお地蔵さんです。】

中学校看板飾り.JPG


【中学校の交通安全兼案内看板にもお飾りを置きました。今年も事故がないように・・・】

雑煮.JPG


朝食はお雑煮です。いつもの鶏出汁(とりだし)の熊本風です。お餅は31日に搗いたお餅。搗き方が足らずに少しもち米が残っていました。この方がおいしい、とみんな言っていました。

2019年おせち料理.JPG


【元旦の夕食は定番の「おせち料理」。5日間かけて家内が全部作りました。今年の新メニューは、豚ひき肉の松風焼き、鶏の煮込み。あとは例年とほぼ同じで、黒豆、白豆、栗きんとん、田作り、昆布巻き、カズノコ、柚入り紅白なまし、辛子レンコン・・・。それぞれ料理の所以を説明していただきました。ご飯は赤飯、刺身は鯛とブリ。屠蘇(とそ)は東肥の赤酒(瑞鷹酒造)、お酒は幻の「香露」(熊本県酒造研究所)をいただきました。】

今年は初年の元旦には予期しなかった第10子の出産があり、産後間もない時にもかかわらず、例年通り立派な「おせち」を作ってくれた家内に感謝です。

また、2月には熊本でも講演会が控えており、タイムス住宅新聞の連載も継続中です。さらに大きな山になると思いますが、さい帯血移植への活動も本格化します。

皆々様も、どうぞお体にお気をつけていただき、いただいた命を存分に生かした充実の1年にしましょう!

初草刈.JPG


【今年最初の草刈り。今年の干支・猪である「ちょ子」やヤギ、ニワトリ、アヒル、ウサギ用の新鮮な草を刈りに行きました。草の命に感謝しながら・・・】
posted by 塾長 at 13:47| その他