2020年03月23日

3連休、種もみの播種(はしゅ・種まき)

3月20日に最初の種まき、21日に第2弾の種まき準備、22日に第2弾の種まきをしました。
水に浸け、毎日水を変えて育だった稲の種もみから芽や根が出てきたので、いよいよ種をまくことにしました。

第1弾稲モミ.JPG


【成長の早い阿蘇の無農薬の種もみ(オアシス米)が最初の出番です。】

中頭マージ越し.JPG


【今まで使っていた育苗箱に「中頭(なかがみ)マージ」を網で漉(こ)して入れます。】

擦切り.JPG


【育苗箱一杯土を入れて、擦り切る。】

水を浸す.JPG


【水を十分浸す。土は少し下がる。】

種まき.JPG


【種まき。軟らかい芽や根を痛めないように、パラパラと撒きます。】

覆土.JPG


【沈下した土の分をかばうように、種の上に軽く土で覆います。】

セット.JPG


【先に水平になるようにセットした木材の上に育苗箱を並べます。】

マルチで覆う.JPG


【育苗室は二重になっていて、種もみのパレットは直接マルチシートで覆い、温かくて湿気の多い空間になります。】

さらにブルーシート.JPG


【最後に全体をブル―シートで覆います。】

次の日(3月21日)、去年分の育苗箱を使い果たしたので、金武町(きんちょう)のJAに追加購入の出かけました。新しく国道329号のバイパスができていて、ちょっと道に迷いましたが、無事購入できました。

精米以来、久しぶりの金武町だったので少しだけ寄り道をしました。

万然 湧水.JPG


【脳性マヒの万然(ばんねん)が寝たきりにならないよう、一緒にでかけました。JAの後に行ったのは「ウッカガー(金武大川。一日、1000dの湧水量を誇ります。長命水としても有名ですが、案内板がないので探すのに苦労しました。万然に天然の湧水に触れてもらいました。】

スイレン池.JPG


【すぐ隣に親水公園ができていて、湧水を利用したスイレン池がありました。穏やかな時間を過ごしました。】

シーソー.JPG


【下の子どもたちは、公園内の遊具で遊びに興じました。】

滑り台.JPG


【滅多に公園にはいかない子どもたちは、トンネルが珍しかったようです。】

観音寺.JPG


【そのあと、観音寺にお参りに行きました。万然の機能が改善されますように・・・、新型ウィルスにかかりませんように・・・お願いしました。】

虹梁.JPG


【沖縄には珍しい木造のお寺。どうしても技術者の目になります。那覇の石川邸に使った虹梁(こうりょう)がありました。】

連休3日目の22日(日曜日)。成長が少し遅れていた我が家の種もみからも目が出ました。そこで、金武町で購入した育苗箱とマットを使って種まきをしました。

第2弾稲モミ.JPG


【第2弾は我が家に残しておいた種もみの種まき。】

育苗シートと育苗箱.JPG


【農家用に育苗箱が改良されていました。箱底の穴が大きくて大きい、マットを使うようになっていました。このマットにはチッソ、リン酸、カリの栄養が施されているようです。機械田植えを前提としてます。何か自然の力がそがれたようで残念ですが、これしか売ってありませんでした。】

種まき.JPG


【水を十分浸した上に種もみをまきます。】

覆土(牛糞).JPG


【覆土(ふくど)は栄養たっぷりの培養土(ばいようど)。】

暗室セット.JPG


【2日前にセットした暗室に移し、先行した育苗箱と一緒に育てます。どちらがどのように成長するのか?あるいは田植え後はどうか?稲穂はどうか?食感はどうか?比較してみたいと思います。】

野菜の種.JPG


野菜も育苗箱へ.JPG


【ついでに野菜(オクラ、サラダ菜、キュウリ)の種をまきました。苗を買うより種から育てた方が生育の特徴が分かるのでだいたいそうしています。こちらは暗室ではなく、お天道様に当てて育てます。】

田んぼづくり.JPG


【種もみが例年より多く、一部畑になった田んぼがあるので、今年はこれまで雨水の一時貯留用の池だったところに土を入れて、急造の田んぼにしました。】

心然ときょうだい.JPG


【毎年、春休みから始める稲作の準備。今年は新型ウィルス感染で学校が休校したので、少し早めの準備となりました。このまま順調に苗が育てば、4月の中旬に田植えができそうです。完全無農薬の稲や野菜の育成は子供の成長と重なります。種もみは1年前から冷蔵庫に眠り、塩水で選別され、お湯に浸され、冷水で冷やされ、水に浸けられた後、やっと土にたどり着いたかと思えば、暗室に閉じ込められ、そのあと自然界に放されます。子どもたちにも優しさだけでなく、厳しい環境もくぐりぬけて立派に育ってほしいと願っています。】
posted by 塾長 at 11:13| 教育・子育て