2020年08月12日

学校は休ませています!

武漢発の新型コロナウイルス。沖縄では人口比で全国一の感染率で猛威を振るっています。小学校は11日から夏休み明けの登校が始まりました。しかし、身近なところ、例えば、病院、学校、店舗、郵便局などで陽性反応が出たとニュースで知っています。

登校前日の10日、小学校に電話連絡し、「小学校に通っている2人(1年生と6年生)は、心配だから休ませたい。」と校長に相談しました。
結果、「ご心配なら休ませてもいい。公休扱いとします。」

感染してもだれも責任はとれない話なので「休ませる」ことにしました。14日まで休ませます。
感染者数の多い那覇市などはお盆休みの16日まで休校。北中城村も11日の9時から村長や教育長などが集まって今後の方針を決めると聞きましたが、その後の小学校の対応は午前中授業と聞き及んでいます。

確かに感染数の少ない町村もあるので一概には言えませんが、北中城村は沖縄市や宜野湾市に隣接していて、ともに感染が進んでいます。

生後6か月でウイルスに感染して脳症を患い、脳性まひになった万然の例があるので、私たち家族は慎重です。特に我が家は、千葉大に通っている長女以外の11人が一緒に暮らしています。一人でも感染したら「クラスター」になります。

沖縄県の方針もあいまいで、経済と抑制の両立と言っています。観光業などからの圧力があるかも知れませんが、「命」を優先することは当たり前の話です。健康でなければ、すべては前に進みません。

沖縄県には何かというと国に頼る傾向があります。しかしその割には国といつも闘っています。国も「いい加減にしろ!」と言いたいところでしょうが、そうは言えません。慰霊の日に遠くからわざわざ来沖した総理に向かって下品な言葉を浴びせる人がいますが、人格を疑います。米軍とも国とも仲よくして協力し合ったらいいのに・・・。

県知事も専門委員会や感染専門の先生、民意に沿ったコメントばかり。こんな人は結局、先生方がそういったから、民意に沿ったからといって逃げるに決まっています。

政治家なのだから、自ら責任を取る覚悟が必要です。結局、八方美人の偽善者なのではないかと思います。あの人は言動が軽く、パフォーマンスばかり。何かを宣言してもきっと何も変わりません。
自分たちで身を守るしかありません。学校を休ませて良かったと、今も思っています。

人生、何があるかわかりません。農林漁業に携わっている人は自然の脅威と隣り合わせです。一般人も台風や地震、津波などに遭って財産どころか、命まで失うことだってあります。いちいち補償がなければ生きていけないなどいってはおれません。

東京の2〜3倍の感染率の沖縄県。感染者の居場所不足より、感染防止を徹底する方に重きを置くべきと思います。食料品を買いに行ったとき、スーパーでトイレに行って手を洗わない人がたくさんいます。手洗いやうがい、マスクの励行はもとより、沖縄では外出の自粛を徹底したほうがいいように思います。

さて、今日この頃の我が家の話題をいくつかいつものように紹介します。

黄色にびっくり.JPG


【8月5日は第6子、「こはづき」(5女)の誕生日。先月の朴然の誕生日には大玉のスイカをプレゼント。今回もまたスイカか?。切ってみると「黄色」のスイカだったので、みんなびっくり!】

待てない.JPG


【さっそく下二人がさわり始めました。】

手作りケーキ.JPG


【毎回異なる手作りケーキ。】

ちらし寿司.JPG


【好きな手作りのちらし寿司の。】

プレゼント.JPG


【妹たちから「おめでとう!」のお手紙。】

Tシャツ.JPG


【本日、8月12日は二女・亜和(あや)の18歳の誕生日。いよいよ選挙権を持つ大人です。8月は28日にも万然の誕生日があります。2月、5月、8月は3人ずつ誕生日があります。亜和は沖縄そばが好きなので、毎回つくります。ご飯はひじきご飯。家族からはTシャツのプレゼント。】

似顔絵.JPG


【またまたおめでとうのメッセージを読んでいます。似顔絵もありました。】

冷蔵庫クライミング (2).JPG


【第10子(3男)の心然(しんねん)は腕力が強い!「冷蔵庫クライミング」】

蓮の花のつぼみ.JPG


【池に蓮の花のつぼみを見つけました。スイレンは毎年咲きますが、ハスは初めて。これまで陽があたらなかったので咲かなかったと思います。先日、池の周りの木々の枝を伐ったので、お日様が当たるようになりました。咲いたらアップいたします。】
posted by 塾長 at 23:00| 教育・子育て