2022年08月28日

自由研究の夏、終了!

今年の子どもたちは自由研究をしないつもりでした。なぜなら夏休み前に家族全員が新型コロナに感染したからです。しかし、子どもたちは意気盛んで、家族の体温を記録していたことを題材に、自宅療養中の体温や血中酸素飽和度、脈拍を自由研究のためにデータ化し、表やグラフを使ってまとめ、コロナ対策を研究しました。(中2の「こはづき」)

小学3年生の「こだまこ」は恒例の梅干しづくりに着目。なぜ梅を干す時に裏返しするのかという疑問から始まり、すっぱい梅干しが酸性なのに「アルカリ食品」といわれ、体に良いのか?梅の重さをはかり、リトマス試験紙で酸性、アルカリ性を調べました。木炭にしてさらにリトマス試験を行い、アルカリ性に変化することを証明しました。人間は㏗7.4を維持しようとすることから、体内でアルカリに変化した梅干しが酸性化を中和させる働きがあり、肝臓の負担が減ることから元気になるという説明をしています。

今年は幼稚園に通う「わかみこ」(6歳)も参加。幼稚園で国旗カルタをするようですが、それで負けるのがいやだから、世界の国旗を全部覚えたいという理由から、自分で国旗を書いて覚えていました。
私も知らない世界の国旗を見て国名を言います。まぁ、我が子とはいえ感心しています。

たま、こは.JPG


【左から中2の「こはづき」と中央の小3の「こだまこ」。「こはづき」は現在中3の「さわみこ」と一緒に研究した作品が沖縄県の科学展で最優秀賞をいただいています。ただ今年は「コロナ」で家族全員が全滅。一旦あきらめたのですが、体温を記録していたので、これを逆手にとって題材にしました。
こだまこは「うめぼしの研究」。36ページにのぼるレポートは全部手書きです。妹(右端)の持っている図は挿入した酸性食品とアルカリ食品の仕分けです。】

国旗 (1).JPG


【中央の「わかみこ」は初めての挑戦。がんばって198の国旗を全部自分で描きました。描いただけでなく、覚えています。課題はその国がどこにあるのか、らしいです。来年は地球儀がいるかも・・・。しかしこれで今年の夏の自由研究は終了しました。結構、周りの家族はいい刺激を受けております。】

さて今日は生後6カ月で脳性マヒになった「万然(ばんねん)」の11回目の誕生日です。ただ、富山県立大学看護学科に通っている三女が帰省していて今日朝帰るので昨日一日早めの誕生祝をしました。

ケーキ.JPG


【自家製の誕生ケーキ。】

歌.JPG


エイエイ.JPG


【今年度内になんとか「きょうだい間のさい帯血投与」の臨床研究がスタートして欲しいものです。】

塔屋.JPG


宝珠.JPG


【建設中の塔屋部分の屋根ができました。頂点には「宝珠」が鎮座します。この真下は「宙に浮く心柱」です。】

DSCN1866_R.JPG


蓑甲.JPG


【大屋根の蓑甲部分の掛け瓦も施工がスタートしました。】

蝶ネクタイ.JPG


【今朝もはよから餌あげ、草刈り、掃除、台風が来そうなので裏山との境目にある「水みち」の整備・・・と大忙しでした。いつも帰りぎわに自分たちが整備したタチガー池(湧水地)で手を洗います。ここには「祠(ほこら)地蔵」さんを建立していてみんなで手を合わせて万然の奇跡の回復を願います。ふと見るとお地蔵さんが「蝶ネクタイ」をしているように見えました。最近の雨で石灰岩のお体に着いたインパチェンスの種から目が出て茎が伸びたのでしょう。この「蝶ネクタイ」に見える葉に花が咲けば、まさに「チョウネクタイ」になります。世の中、あまり科学的にならない方が、心は豊かになるとかも知れません】
posted by 塾長 at 18:31| 教育・子育て

2022年08月14日

建設論壇連載4回目&二女・亜和(あや)20歳の誕生日&樹木の伐採

8月12日は二女・あやの誕生日だった。定番通り下の子たちが誕生ケーキを作りました。きょうだいが多いのでプレゼントも増えます。しかし、現在後藤家の子どもたちで唯一社会人の亜和は他のきょうだいの誕生日にはなにかと買い物が多く出費多難です。

しかしこの日は他の子からのプレゼントでうれしかったようです。

私は18歳までは責任をもって育てるが、それ以降特に20歳にもなれば細かなことは言わない主義です。その代わり自分で責任をとってもらうことにしています。

ただ20歳の節目の誕生日だったので「本物」にこだわりました。従って彼女が以前から楽しみにしていた「飲酒」も薬味の「わさび」も本物を提供しました。彼女が「大工の本物の仕事」を目指しているからです。伝統構法の仕事は減る一方ですが、絶対になくならない仕事でもあります。日本の文化の一端を担う仕事を今後も頑張ってほしいと思います。

時系列的には沖縄建設新聞の1面連載の「建設論壇」4回目(8月10付掲載)

第4回JPG新聞記事.jpg


【今回は「都市の森」について。実験結果や実際の木材使用料、CO2の排出量と固定量、現在施工中の現場の事例、今後の方向性などを書きました。連載はあと2回です。】

8月12日は誕生会。亜和、おめでとう!

DSCN9867_R.JPG


【夕食は手巻き寿司。好きなネタを海苔(のり)に巻いていただきました。】

DSCN9859_R.JPG


【好みで手巻き寿司のネタのひとつにマグロの刺身も入れます。マグロも醤油もカボスも本物。最大のプレゼントは本物の「ワサビ」。チューブ入りの練りワサビや粉わさびとは異なるあの独特の香りと味。大根すりで擦っている間も部屋に香りが充満します。甘ささえ感じる本物の味。水がきれいでないと育たない。20歳にして「本物」に触れ、親しむことを大切にした企画でした。】

DSCN9918_R.JPG


【8月は亜和のほか、「5女のこはづき(5日)」・「二男・万然(28日)」が誕生日です。2月と5月も3人ずつ誕生日があります。自家製バースデイケーキ。今回はシンプルがテーマらしい。】

DSCN9928_R.JPG


【「20」を強調?解放と責任。そして節目。本人よりも第10子の心然が楽しみにしていたようで・・・。】

DSCN9956_R.JPG


DSCN9933_R.JPG


DSCN9944_R.JPG


【きょうだいや親からのプレゼント。きょうだいの世話を一番している亜和(あや)の証明でもあります。】

DSCN9894_R.JPG


【そして本人も楽しみにして待っていた「飲酒」。まじめな性格なので正月の赤酒程度しか飲んだことのないあや。「はたちになったから今日は堂々と飲める!」と意気込んでいました。ビールも最初なので通常5%程度のアルコール度を0.5%の微度ビールを試飲。・・・「感想は?」「苦くておいしくない!」】

DSCN9912_R.JPG


【次は「清酒」。これも「本物」にこだわり妻も私も推薦の「熊本酵母」を永年使っている「香露(こうろ)」。高校2年まで暮らした熊本市島崎町宮内の家の近くにあった「熊本県酒造研究所」がその後民間会社になったが、その後も独自開発した酵母を今も活かし続けている「幻の酒」。日本建築士会連合会の青年委員長を務めている時は2カ月に1回の上京時には持参して、当時事務局にいた山田氏(現在、専務理事)飲んだものです。
前日にイオンライカムで購入しました。民間の酒造会社になったので販路が広がったので、「まぼろし」とは言えなくなりました。さてその「香露」。本人曰く「ビールより日本酒がいい。」と言いながらも「お酒の味はまだわからない」。これでいいのだ。】

次の13日(土)は、道路に出ていたハマイヌビワの枝を伐採しました。5m道路の約半分まで茂ってきたため、大型の車(生コン車など)の上部が枝に当たるからです。

さすがに家族では伐採できないため、専門業者に頼みました。片付けは家族でするので見積もりは控えめにしてもらいました。(55,000円かかりました)

ビフォー.JPG


【ビフォー。道路の半分を覆う枝葉。道路管理上は村道なので村。しかし、民間の土地に根っこがあるので所有者の責任と言う。・・・。】

アフター.JPG


【アフター。すっきりしました。緑陰空間がなくなったのでここで弁当を食べて弁当殻を捨てる人がいなくなるのでいいこともありますが、手である枝や葉っぱを伐るのは忍びなく。心の中で「ごめんね」とつぶやきました。しかし、沖縄の樹木はしたたか。あと10年もかからず元通りになるでしょう!ちなみにこの木は土地購入時から育っていてイシガケチョウがよく来ます。実は与那国馬の「ゲン」が食べます。左右非対称の葉っぱが特徴です。】

途中.JPG


【道路から5〜6m上がって作業する職人さん。ありがとうございました。】
posted by 塾長 at 19:43| 教育・子育て