2014年08月05日

「タカンポごはん」の写真追加

 第25回きたなか林間学校の速報記事の中で、「タカンポごはん」の写真が抜けていましたので、掲載します。写真説明も再掲します。

タカンポ.JPG

【ご飯は竹の飯ごうで炊きました。熊本では「タカンポごはん」。非常時の際、器がない時はあるもので代用することの実証。カマドは琉球石灰岩。タキギも自分たちで調達。雨の中でも新聞紙10枚で火をおこしました。ただ、火加減が大変重要。きったばかりの孟宗竹(もうそうちく)だから、水分を沢山含むので炊けるのです。天然の火はむずかしい?煙にも巻かれ、4時間後やっとご飯にありつくが、「苦労した分おいしかった!」という感想文もありました。
今回は各6合のタカンポごはん、大成功でした。竹の香りがしたのか、お腹がすいていたのか、完食でした。】
posted by 塾長 at 23:16| 林間学校