2016年10月14日

住生活月間 講演会のお知らせ!

 住生活月間における講演依頼が那覇市役所建設企画課からあったので、受けることにしました。

 日時は平成28年10月21日午後3時からです。場所は那覇市役所10階会議室。テーマは「究極の住まい 寝ても覚めても4畳半」としました。

案内チラシ(那覇市).jpg


 【どうぞお気軽にご参加ください。】

 また先日、中部地区児童生徒科学作品展で金賞・銀賞だった亜和(あや)、朴然、さわみこ、こはづきの4人は沖縄県児童・生徒科学作品展に推薦されて審査がありました。

沖縄タイムス記事.jpg


【中部地区で後藤家の子ども全員が入賞したので、教育長から勧められ村長に表敬訪問。記事は沖縄タイムス】

 その結果、4人全員、優良賞以上の入賞を果たしました。
(あや 優秀賞、朴然 優秀賞、さわみこ 優秀賞、こはづき 優良賞)

 中部地区では銀賞だったさわみこが県では優秀賞に、金賞だったこはづきは優良賞になっていました。(ちなみに優秀賞≫優良賞なので、逆転していました)

PA090053_R.JPG


【県の表彰式。いささか緊張気味の「こはづき」。】

 残念ながら最優秀賞は逃がしましたが、来年2月の沖縄県青少年科学作品展(沖縄電力主催)には4人の作品も推薦されるのでまた楽しみです。

PA090015_R.JPG


【昨年は最優秀賞。今年は優秀賞。しかし、作品全体が専門家依存、専門機械の使用が進むなかで原始的で素朴なボクネンの研究は、小学生らしくていい!と思いました。】

 出展した作品名
  あや(中2)   「棚田の保水力向上のための研究」
  朴然(小5)   「身近な木を使った災害時の熱源確保」
  さわみこ(小3) 「アリをたいじせず、アリから身を守る方法」
  こはづき(小2)「むのうやくのおこめさいばいと、田んぼのいきものたち」

PA090084_R.JPG


【出展した4人組が全員優秀賞、優良賞を受賞。】

 中部地区で銅賞になった麻衣(中1)は、『「透かし葉」になるための一番の条件!!』でした。全員が別々分野の研究でした。

PA090088_R.JPG


【表彰式を終え、家族全員で記念撮影。】

 また、朴然はタイムス住宅新聞社が募集したこども絵画コンクール「あったらいいなこんな家」で、「タイムス住宅新聞社賞」を受賞、さわみこ、こはづきの両名も入選したとの知らせが入っています。表彰式は10月16日の予定です。

PA090097_R.JPG


【夕食は普段の生活に戻って、ベランダでサンマさんをみんなで焼いていただきました。】
posted by 塾長 at 16:07| 建築