2018年04月20日

タイムス住宅新聞連載「細部から文化が見える」第7話

本日(4月20日)、タイムス住宅新聞に連載中の「細部(ディティール)から文化が見える」の第7話が掲載されたので見開き2ページを1ページにレイアウトして転載いたします。

今回は「日本最古の『ホゾ』」〜真脇遺跡に見た究極の知恵〜です。

第7話新聞原稿地色白のリサイズ.JPG


来月の予定は富山県桜町遺跡で出土した高床式建物に使用された床梁(ゆかばり)の大入れ(穴)の話です。縄文時代に竪穴式ではなく高床式建物がなぜ出現したのか、その理由と現代の文化、自然観に及ぼす影響などをつづります。
posted by 塾長 at 08:55| 教育・子育て