2018年05月20日

「建築士会への提言」と「安全な通学路づくり」の原稿

 公益社団法人 沖縄県建築士会中部支部が発刊する会誌「紫微鸞駕(しびらんが)」は、1年に1回、総会時に会員や賛助会員に配布されます。毎年寄稿していますが、会員以外の方々にも読んでもらいたいと考え、このHPで私が寄稿した分を公表します。

 2題あります。ひとつは建築士会への提言。世の中にはいろいろな組織、団体がありますが、共通するところもありそうなので、ご参考まで・・・。

 もうひとつは建築士会というより、建築士としての公共性についてです。特に学校と家庭の中間領域にある通学路の安全性を向上するための専門領域を活かした活動の紹介です。

原稿1

建築士会中部支部紫微鸞駕原稿1 (1)_R.JPG


建築士会中部支部紫微鸞駕原稿1 (2)_R.JPG


建築士会中部支部紫微鸞駕原稿1 (3)_R.JPG


建築士会中部支部紫微鸞駕原稿1 (4)_R.JPG


原稿2

中部支部原稿2 (1_R.JPG


中部支部原稿2 (2_R.JPG


中部支部原稿2 (3_R.JPG


中部支部原稿2 (4_R.JPG


中部支部原稿2 (5_R.JPG


中部支部原稿2 (6_R.JPG


中部支部原稿2 (7_R.JPG


中部支部原稿2 (8_R.JPG


中部支部原稿2 (9_R.JPG


中部支部原稿2 (10_R.JPG


中部支部原稿2 (11_R.JPG


以上です。

 建築士会中部支部は原則的に北谷町、嘉手納町、読谷村の地域内に居住、または勤務する者で建築士の免許保持者(会員)と建築士を目指す準会員と賛助会員(協力会員)で成り立っています。
会員数61名、準会員数9名、賛助会員79社(名)です。会員数より賛助会員数が多いのが特徴です。
 会誌「紫微鸞駕」は今回で第28号を迎えました。私は北中城村に居住していますので、「原則」では入れませんが、かつて嘉手納町、読谷村に合わせて3年ほど住んでいたので「原則」以外の会員として登録されています。
 
 結構、緩やかな会なので、肩もこらず、自由な活動がなされています。会員数よりB5版195ページで構成されていますが、最初に投稿したときは第10号くらいで、圧倒的に協賛広告が多かったのを覚えています。今はだいたい5分の1の割合です。

 残念ながら印刷費を辛抱しているせいか、写真も白黒で解像度も良くなく、どのくらい伝達できているのか心配なので原本を掲載しました。

ではまた・・・。 
posted by 塾長 at 10:36| 教育・子育て