2018年06月09日

家族で側溝掃除!

 我が家の日課はエサあげから始まります。6月なので冬より夜明けが早いため、最近は5時45分くらいからみんな外に出ます。それぞれ役割が決まっていて、浄化槽上の掃除から始まり、ニワトリやアヒル、島ヤギ、与那国馬、イノシシ、ウサギ(3羽)、番犬(6匹)、番ネコ、闘魚・琉球メダカなどへのエサあげ、フン取り、通路の掃除まで終えるには10人体制でも1時間かかります。

 近頃は部活の早朝練習やゼロ校時授業があったりするので、自分の持ち場を終えるとそれぞれ家に上がって朝食をとり出かけるといった具合です。
 ただ、土日は割と全員が揃う時が多いので、少しだけ遅く起きて6時半からのラジオ体操を終えて作業にかかるのが定番となっています。

 土日は人が割と揃うので、その時々の課題解決を実行する機会となります。

防蟻.JPG


【土日の課題解決メニューのひとつ、シロアリ防除。先週末は浴室上部にある高架タンク置き場の木材にシロアリ防除の薬を塗る。地上6メートルもある瓦の上に上るのも大変。力持ちで高所を恐れない次女・三女が登りました。】

再生玉手箱.JPG


【先々週の土曜日は、ゴミステーションづくり。カラスがゴミ袋を荒らすので、道路わきにあり合わせの材料と購入した網を使って家族で作りました。これで家族も引き取りの方々も安心。「ゴミ」という名の物はないらしいので、名付けて「再生玉手箱」。】

 今日は通常メニュープラス土日メニューの日です。梅雨時期なので、傾斜地にある我が家の一番の仕事は雨水の排水処理です。これはすでに先週までに完了。家の周りに「水みち」をとっていますが、枯葉の堆積やツルの繁殖との競争です。やがて台風の時期になります。強風にも大雨にも緩やかに対応しています。
 高いところから下ってくる大量の水を敷地いっぱいで右へ左へ逃がし、池に一時貯留して時間差で側溝に流したりしています。(都市洪水防止と水辺の創出が目的)

6月9日草刈り・側溝掃除 (5).JPG


【雨を予想した場合以外は、馬は外に出します。借りている裏山に牧草を生(は)やしているので、一日分の草を刈るのは通常の仕事です。牧草を刈る四女。】

6月9日草刈り・側溝掃除 (8).JPG


【刈った牧草をワゴン車に載せるているのは五女。奥に見えるのは、かつての馬の牧場。イノシシと一時共存させたが、イノシシの方が強いのでとうとう馬は追い出されてしまい「イノシシ牧場」と化した広場。】

6月5日セミ.JPG


 【「早起きは3文の得」。先週末、家の入口の木で見つけたアブラゼミ。羽化したばかりで歩くのがやっと。そっと逃がしました。沖縄の夏は早いな!というか、常夏。カエルも冬眠しない感じ。】

アカショービン (1).JPG


【先週末、イノシシ牧場の前のホルトノキに留まったアカショービン。】

アカショービン.JPG


【今朝はアヒル用の水飲み場(古流し)で水浴びしていたアカショービンと遭遇。生きものはすべて「水」が必要。ピー、ピョロ、ピョロの鳴き声が身近に聞こえた。】

 さて本題の側溝掃除。毎週欠かさず家族で行っている。村道、農道合わせて200bほどを上流から自宅前まで掃除します。最上流には平成の名水百選に認定された荻道・大城(おぎどう・おおぐすく)湧水群のひとつ、タチガーがあります。先日、村道に別な排水溝ができたので、お願いして水源地からの水は分けてもらいました。おかげで回遊性のモクズガニやテナガエビが戻ってきました。
 先週は側溝途中にできた最上流のためマスに溜まった泥や草を取り除いていたら、右手人差し指をモクズガニのハサミでつかまれました。甲羅が20センチくらいの大型のカニで、激痛を感じ手を上げても離しませんでした。今も、傷が残っています。しかし、それだけ生きものにとって住みやすい環境になったのだと、うれしく思いました。

 最近、敷地のすぐ上に家が建つ話があり、昨日も測量の方が見えていましたが、この側溝に汚水が流れると、また、生物環境が悪くなります。昨日役場に行って、道路を横切って反対側の新しい側溝に排水してもらうようお願いしましたが、どうなることやら・・・。

6月9日草刈り・側溝掃除 (39).JPG


【このためマスは、以前、ヒメハブがいたところ。2歳になったばかりの6女・「わかみこ」が小型の熊手を使って堆積した枯葉や土を出しているところです。頑張り屋さんです。】

6月9日草刈り・側溝掃除 (49).JPG


【兄弟姉妹で側溝掃除中。周りの草や枯葉も取り除きます。草刈鎌、熊手、ホウキの順で上流から掃除します。側溝下にできた石灰岩の自然の凸凹はアヤヨシノボリが遡上するのに適しているので壊しません。】

側溝掃除.JPG


【清廉な地下水は農業用にほとんど使われますが、その余剰水を稲栽培や固有種の琉球メダカの池に使っています。まだ出会っていない生きものたちもきっとこの水質と水量を変えて欲しくないと、願っていると思います。】

お地蔵さん.JPG


【地下水を分水して池に流し、琉球メダカを育てています。村道が両側側溝になったので、雨の日も以前のように側溝の上端いっぱいで流れてくることはありません。また、水質も安定しています。我が家は環境教育施設でもあります。この200bの側溝は大切に保全していきたいと思っています。】

足上げ.JPG


【一連の仕事の最終章は敷地内の斜路の掃除です。次女がホウキで掃除すると、先に座って待っている下二人は、足を上げて対応します。なんともいい姉妹風景です。】

アヒルの子.JPG


【アヒルの子が孵(かえ)りました。しかし、天敵が多いので何匹生き残れるやら、また、何匹まともに孵るやら・・・。周囲にはマングースやネズミから守るため網を張ってあげました。】

ホウオウボク苗 (2).JPG


【今年はやけにチョウチョが舞っています。例年の2倍入ると思います。トンボも増えました。一過性の現象なのか不明ですが、自然度を増すために今年はホウオウボクを植えようと思います。先日、種をまきました。
2週間後の今日見たら、苗になっていました。この季節、赤い花が咲くようになると嬉しいですが、これもどうなりますか。とりあえず、大事に育てたいと思います。】
posted by 塾長 at 18:02| 教育・子育て