2018年09月18日

自由研究(中部地区)の結果発表

今年も夏休みの自由研究の審査結果が発表されました。9月15日(土)、こどもの国チルドレンズセンターで開催された第55回中部地区児童・生徒化学作品展で提出した後藤家の4人組の結果は金賞1、銀賞1、銅賞2でした。

金賞の中学1年の朴然は「ラガーマンの疑問〜なぜ、ラグビーボールは縦回転するのか?〜」がテーマで、以下、銀賞の中学2年の麻衣は「浅井戸の研究 パート2 晴れの日と降雨時(中)の水量・水質の変化」、小学5年の「さわみこ」は、「自然を豊かにする「さし木」の研究」、小学4年の「こはづき」は、「動物たちの排せつ場所はどこだろう?」でした。

我が家では毎年、自由研究の作品を4〜5名提出しています。今年も何とか子どもたちが全員、賞に入ってホッとしました。

今年の応募は中部地区で1057人、947点もあったそうです。厳選な審査の結果なので賞に入れただけでも良かったと思います。特に朴然は4年連続金賞受賞。しかも4年前から「石」「木」「土」「球」とテーマが全部異なります。分野も「地学」「生物」「環境」「物理」と広範囲です。

次は県の審査があります。銅賞の小学生は提出できませんが、中学校の2人は次の審査が控えています。昨年度は朴然の「健康な土の力」が全国区のシゼコンで2等賞に入賞しました。今後も大いなる好奇心と緻密な研究で自分の力を試してほしいと思っています。

4人そろって - コピー.JPG


【4人そろって入賞】

朴然パネル展示.JPG


【金賞受賞の朴然のパネル】

計測中.JPG


【10%勾配で安定した縦回転になるラグビーボールを追って実験する朴然】

連続写真.jpg


【連続写真】

12 (45)実験台で実験.JPG


【10mの実験台を制作。勾配を変えて実験。実験回数は1,000回を超える。】

加速度グラフ.JPG


【加速度グラフ】

平均加速度グラフ.JPG


【平均加速度グラフ。加速度は徐々に上がるが平均加速度は徐々に下がる。(黒線が近似曲線を表す)安定した縦回転。途中で跳ねあがる運動が安定化の原因であることを突き止めたようです。】

麻衣賞状と感謝状.JPG


【銀賞の麻衣。昨年は金賞。】

発表中の麻衣.JPG


【表彰式の前に、昨年度受賞した中学生を代表して、自由研究の内容を発表しました。】

さわみこ作品.JPG

こはづき.JPG


【銅賞のふたり。来年は上位に入れたらいいね!がんばれ!】

こだまこ負傷.JPG


【家では第8子の「こだまこ」が水で濡れた渡り廊下の床板で転び「たんこぶ」ができました。家も学校も忙しい!】
posted by 塾長 at 15:29| 教育・子育て