2019年05月29日

沖縄市役所でのパネル展.署名者数:5151筆。

 5月27日から沖縄市役所市民ロビー(正面玄関の正面)で、「さい帯血による再生医療推進 パネル展」が始まりました。6月15日の東京での講演会や7月24日の厚労省への要望書提出・会見などを勘案すると、パネル展は最後となります。
 多分、6月末までで一旦締め切る活動賛同署名の集計が7月初めから上京する直前までかかるので、今から7月後半までは忙しい日々が続くと思われます。

 パネル展に中間発表するために、これまでの署名者数を集計しました。5月25日現在、5151筆になりました。あちらこちらで精力的な署名活動をされている結果だと思います。また、署名された方々、お一人お一人に感謝申し上げます。6月末まで署名を募りますので、今後とも引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 昨日もパネルへの掲示物の追加や修正やアンケート・署名簿の回収、市の障がい福祉課への御礼などでパネル展の会場に出向きました。31日まで続きますが、アンケートに記された励ましを読ませてもらうと、元気になります。
 現在、パネル展と並行して講演会でのパワーポイントの作成、自筆署名の依頼・回収、講演会に向けての取材などを進めています。(東京新聞様、AERAドット様は電話取材(講演会でも取材予定)、共同通信は自宅来訪)
 今執筆中の「細部から文化が見える」の連載が来年3月まで延びたので、四季折々の日本文化や生活文化をミクロの視点から述べていきたいと思います。連載は5本目ですが、2年半、30回は初めてです。楽しみながら、がんばります!

設営中.JPG


【パネル展の設営は前日の5月26日。掲示物の印刷やパネル製作でギリギリ16:30の運び込みに間に合いました。アンケート用紙や署名簿用紙を入れてもらう箱は「お賽銭箱」を代用。「浄財(お金)」を入れるのではなく、「紙」を入れていただきます。乳児・幼児と中高生を合わせて8名で設営。】

夜も更けて・・・.JPG


【結構時間がかかり化した。帰りは20:30分。パネル展は正面玄関から直接見えるところです。】

オープニングセレモニー(ミニ講演会)での説明.JPG


【明けて5月27日(月)10時。オープニングセレモニーとして、「ミニ講演会」(パネル説明会)をしました。市民をはじめ、沖縄市障がい福祉課の職員の皆様など、お忙しいなか私の説明を聞いていただきました。予定の15分を大幅にオーバーしましたが、最後まで熱心に聴いていただきました。】

取材受け中.JPG


【沖縄タイムスの取材中】

副市長に説明中.JPG


【説明会のあと、與那嶺克枝副市長が会場にみえられたのでご説明しました。】

與那嶺克沖縄市副市長の激励.JPG


【最後に、温かい激励をいただきました。ありがとうござました。】

共同通信社那覇支局.JPG


【最近は全国網の取材を受けています。これは共同通信社のT記者が自宅に来訪された時、最後に撮った写真(右端がT氏)。地元の報道以上に構えてしまいそうですが、誕生日が第8子の「こだまこ」と同じだったり、親御さんが名前が日本的にと言って付けた「ひらがな」(我が家も4人の女の子はひらがな4文字・上3人は2文字で漢字)、新聞連載で知った林間学校に参加させたいと思っていたこと、さらに那覇支局の前は出身地・熊本の地元紙・熊本日日新聞社に出向していたことなどたくさんつながりがあり、心が打ち解けた取材になりました。
 同様に朝日新聞出版AERA(アエラ)のF記者は、ご自身のお子様のお一人が障がい児で、宮古市出身。6月15日には新宿文化センターでの取材があるようなので、楽しみです。お二人ともに親近感があって本音で話せたので、理解が深まったと思っています。】

 人の心を読み解くのは、至難の業です。またそれを短くまとめなければならないので、記者の仕事は大変だと思いますが、どうぞ気持ちや行動を汲み取っていただき、多くの方々に伝えていただきたいと思います。
posted by 塾長 at 08:43| 教育・子育て