2019年12月31日

自立

大晦日。今日で令和元年が終わります。

振り返れば「自立」にまつわる話題が家庭内では多かったように感じます。

小学生二人のうち5年生の「こはづき」は宮古島に3泊4日、6年生の「さわみこ」は福島に4泊5日、中2の「朴然」は岩手県葛巻町(姉妹都市・生徒会)と長崎県(ラグビー合宿)、大分県(ラグビー試合)でともに家庭から離れて宿泊しました。

一種の自立の訓練です。

今年の春、12人家族から初めて長女の依奈(えな)が千葉大学に通うため家を出ました。昨日、久しぶりに帰郷しました。2日にはまた出発しますが、年末住んでいた寮を出てアパートに引っ越しました。
管理者がいないところなので自らわが身を守るしかありませんが、人間として生きていくためには、いつか自立しなければなりません。
授業料や食費・光熱費は給付型の奨学金、引っ越し費用も家電も自分でバイトしたお金でまかなったので親の負担はゼロでした。家賃も自分で払っていくそうです。帰郷のための飛行機代も自分で作ったようです。親としてはありがたい限りです。

本人からしたら初めて育った「実家」に帰ってきました。都会暮らしで乾いた心を少し潤してもらいたいと思っています。

その長女を迎えるためと毎年の大掃除に、少しがんばりました。

みんなで溝掃除.JPG


【湧水地(タチガー)の余剰水が家に前の側溝に流れてくるのを少しだけもらって田んぼと水車小屋の前の池に引いています。流すのは竹のトイ。ところが1年もすると石灰分の多い湧き水なのでトイやパイプの中に石灰が溜まって固まります。いわゆる動脈硬化です。流れる量をもとに戻すため、みんなで取り外しました。】

わかみこマス掃除.JPG


【3歳の「わかみこ」も手伝います。角度を変えるところの「マス」を掃除中。】

オンブされてご機嫌.JPG


【年末の掃除は家族全員が参加。1歳の心然(しんねん)もおんぶされて様子を見ています。】

我が家の掃除の守備範囲は家の敷地内はもちろん、裏山の牧場、湧水地や家までの側溝、学校近くの看板(花壇)と広いので総力戦です。

ゆず湯.JPG


【22日はヒノキ風呂の「ゆず湯」に浸かって体を休めました。】

サンタクロース.JPG


【万然(ばんねん)の通っている学校にサンタクロースさんがいました。下二人はびっくりするやら喜びやら・・・】

清水君まき割り.JPG


【29日は餅つきをしました。毎年恒例の餅つきは30日ですが、天気予報では30日は大雨。急きょ、ブルーシートを張って準備しました。本当は長女が帰ってきた30日が良かったのですが、マキが濡れると火が点かないのでしかたありません。朴然の同級生の清水君きょうだいが加わりました。まずは俊足で県でも記録を持つ清水君と朴然たちのマキ割り。】

かまど.JPG


【石のかまどを作り、周りから集めたタキギでお湯を沸かす。もち米の蒸し器の方は耐火レンガで水平に組む。】

蒸かしたもち米.JPG


【約1時間、蒸し器で蒸されたもち米(約2s)を臼(うす)に移す。このもち米が食べるとおいしい!】

朴然と清水兄弟.JPG


【モチ月開始。まずは朴然と清水きょうだい。】

さわみこ&こはづき.JPG


【次は小学校組2人。】

亜和(あや)&麻衣.JPG


【次は高校生組二人。】

こだまこ&わかみこ.JPG


【安定したところで幼児組二人。】

親.JPG


【仕上げはやはり両親ですか。「心然」をおんぶしての餅つきはちょっとしんどい?】

餅丸め.JPG


【冷えないうちに丸めます。今年はアンコ餅をたくさん作りました。】

つまみ喰い.JPG


【おっと!つまみ喰い?】

心然自立.JPG


【1年1か月で立った「心然(しんねん)」。なんとなく相撲スタイルで堂々としています。】

兄弟も大喜び.JPG


【何回も立ったり座ったりするので、そのたびに上の2人は大喜び。それに反応してまたまた立ちあがります。】

門松 (2).JPG


【今年初めて「門松」を作りました。「笑う門には福来る」になるか?自宅周りにあった松竹梅です。】

今年を総括すると「自立」の言葉が似合いそうです。子どもたちがそれぞれ宿泊や生活で自立していきました。そして大10子の心然が自立しました。

人間は4本足の動物と違って、立ち上がるのに1年以上かかります。その前に万然(ばんねん)のように突然熱発して脳症を患い、立てない子もいます。そういう意味では、心然が立ったときは特別な感情が湧きました。自立したあとは「歩るく」。長女や心然も自立しました。さい帯血の臨床研究も今年はいよいよスタートしそうです。

自立の後の「歩み」をしっかり見守りたいと思います。
posted by 塾長 at 08:19| 教育・子育て