2020年02月28日

署名総数:1万7483筆!(令和2年2月末現在)

「さい帯血にいる再生医療」の早期実現に向けた署名数が令和2年2月29日現在、「17483筆」になりました。

署名をしていただいた方々に深く感謝申し上げます。

データ修正3月4日.jpg


臍帯血を用いた脳性マヒの臨床研究においては、自家投与(本人が採取したさい帯血を自身に投与)の例はありますが、きょうだい間を含めた他家投与はまだ日本ではありません。
自家投与の臨床研究で脳性マヒの改善のようすを昨年7月、東京での学術集会で見た者からすれば、一日も早く米国並みにきょうだい間投与の臨床研究を実施していただきたいと願うのは自然の流れです。

現在、高知大学医学部が厚労省の近畿局で事前審査が行われています。日本では初めての試みなので、審査する大阪大学内の第一特定認定再生医療等委員会も慎重を期していると思われますが、脳性マヒを患っている子どもたちも、一日一日成長して体重が重くなるばかりです。

出生時採取したさい帯血のなかの幹細胞数やHLA(白血球の型)などを臨床研究ができる条件に達しているかなど、多くのハードルを越えて患者・家族は心待ちにしています。

最新医学にはリスクはつきものです。他国ですでに他家投与、年齢も大幅に引き上げられていることを考えると、日本は2段階ほど遅れているように思います。第一委員会の円滑な進捗を願うばかりです。

今年度末まで辺りでOKがでれば、いよいよ厚労省の本省での議論になります。その時に現在1万7483筆に上った署名簿を、昨年に引き続き提出して多くの方々の思いを国に届けたいと存じます。

さて長女が住む千葉まで含めた子どもの話題は茶の間をにぎやかにします。2月28日(土)には令和元年度「北中城村教育の日」の記念式典で長男・朴然と四女・さわみこが表彰されました。

スクリーンショット (406).png


【中央公民館で表彰を受ける朴然。袖には次の表彰者の「さわみこ」が待機しています。ともに「科学部門」の表彰でしたが、この部門では二人だけでした。「さわみこ」は初、朴然は3回目の表彰です。】

ぼくねん.JPG


さわみこ.JPG


【壁に張られた表彰者の案内板】

表彰は非日常ですが、日常的には動物たちへのエサあげや水まき、草刈りなどが目白押しです。

看板みずあげ.JPG


【北中城中学校近くの交差点角に作った花壇もにぎやかになりました。毎日の水かけや見守る愛情が肥しかな?】

じゃがいも.JPG


【自宅の段々畑ではジャガイモが収穫できました。】

二十日ネギ.JPG


【二十日ネギも成長しています。春ですね・・・】

DSCN9946_R.JPG


【追いかけるように第2弾を植え付けます。「こっちを上に向けて・・・」。第9子(七女)の「わかみこ」も真剣です。「二十日ネギ」・・二十日後が楽しみです。】

みみず.JPG


【野菜には手入れが必要ですが、第8子(六女)の手にいるのはミミズ。少し掘れば天然耕運機のミミズがたくさんいるので、勝手に耕してくれるので、水をたまに掛けるくらいで育ってくれます。】

アメンボ.JPG


【毎朝6時からのエサあげ、草刈り、掃除・・。今日は湧水池に20匹くらいの「アメンボ」と遭遇。ここでも「春」を感じます。アメンボは飴のニオイがするから「アメンボ」と聞き及んでいますが、いつかそっと匂いを嗅いでみたいと思います。】
posted by 塾長 at 15:55| 教育・子育て