2020年03月30日

のんきな日本人。

新型コロナウィルスの感染について、沖縄県の対応のゆるさについてはあきれるばかり・・・。公式発表では県内感染者数は8人となっていますが、スペインへ休校中に家族旅行し、成田空港の検疫所で検査結果を待たずに公共交通や飛行機にマスクも使わずに移動した女子生徒が陽性でした。
この子どもは8人には含まれていません。
沖縄県内で感染したわけではないとの理由ですが、どの人もどこかで感染して沖縄に住んでいるので、分ける必要はないのに、県は一人でも少ない方がいいのか、カウントしていません。
また、嘉手納基地所属の米兵も二人感染したと報道されました。合計すると、県内で感染が確認されたのは11人です。

以前、県は休校期間を早めて登校させました。きっとそのうち、この判断のつけが回ってくると思います。また、他の県では「不要不急の外出自粛」を要請していますが、沖縄県は「海外に出ないように・・」との要請だけです。
まったくもって危機管理のなさにあきれます。首里城火災の時も同じで、火災原因の調査より先に、国に再建要望をしました。国から委託された建物の管理責任について、知らんぷりです。
今回も、観光業者等からの突かれるのを恐れてか、「沖縄への旅行を自粛して欲しい」とは言っていません。

人生も社会もいいことばかりは続きません。危機に陥った時は辛抱や我慢は必要です。国に対しても批判や文句を言う人は必ずいますが、最後は自分たちで考え、行動しなければなりません。
この時期にマスクもかけず集会に出向き、帰った後も手洗いもしない日本人が増えました。密閉、密集、密接はウィルスの温床になります。

危機意識が低く、のんきに構えている日本人を見ると、この国はこの先大丈夫だろうかと不安になります。非常事態時の心構えが乏しく、人の悪口ばかりいいます。
行政の要請や制限に関係なく、公徳心が高くて賢明で慎ましく暮らそうとしなければ、新型コロナウィルスの感染が鎮まることはないと思います。

さて、我が家はウィルスには敏感なので、外出後はもちろん、エサあげなどの作業後も厳しく手洗い、うがい、シャワーなどを励行しています。

エイエイオー心然.JPG


【近くでニワトリやアヒル、ウサギやヨナグニウマ、シマヤギ、イノブタの食べる草を刈りに行った時、草取り作業をせず、周りで遊び時々、草運びを手伝う下の子どもたちです。みんな元気です。】

3月30日アマリリス二輪 (1).JPG


【自転車置き場の近くアマリリスが咲きました。】

テナガエビ.JPG


【こちらは僕らが作ったタチガー池に帰ってきたテナガエビ】

サクランボ.JPG


【桜の花が散った後の木に「サクランボ」を発見】

0330育苗稲.JPG


【育苗箱の稲苗もずいぶん伸びました。12〜13aになったら田植えです。】

0330育苗野菜.JPG


【同時に育苗箱に播種した野菜が芽を出しました。やがて間引きします。間引きした苗は、別なところに移して育てようと思います。】

階段を上がるウサギ.JPG


【ウサギ小屋の3階増築。木造のウサギ小屋に3層目を作りました。向かって左側の部屋】

0330駆け上るウサギ.JPG


【向かって右の部屋】

ウサギの子.JPG


【3層目(3階)の増築の理由は、赤ちゃんが生まれたからです。現在、12羽確認できます。】

運転する心然.JPG


【これは人間の子ども。第10子の「心然(しんねん)」です。男の子なので機械に興味があるのか、ハンドルを動かすのが好きなようです。】

この空間です.JPG


【外から見るとこんな感じです。子どもはどんな空間でも遊び場に変えます。】

中村家の主屋小屋組み.JPG


【現在執筆中の新聞連載「細部から文化が見える」も佳境に入ってきました。6月分からは近くのある国の重要して文化財・中村家住宅を予定しています。執筆に先立ち、現地での取材を行っています。この写真はお母屋の小屋裏です。実はここに沖縄の住まいの歴史や文化が隠されていました。お楽しみに・・・】

岩陰住居.JPG


【中村家住宅を突き詰めていけば、沖縄の住まいの原点・岩陰住居(仲泊遺跡・恩納村)に行き着きました。これらを時代背景とともに明らかにします。】
posted by 塾長 at 12:13| 教育・子育て