2020年04月17日

第31話「川に消える橋」。

徳島に住んでいたころ感じた自然と人間の関係を「橋」をテーマに書きました。

第31話「川に消える橋」_R.JPG


来月も徳島の話になります。暴れ川とまちづくり、住まいづくりについて述べます。

さて、今週は環境エネルギーを導入するための準備で大変でした。

思った通り、小中高の学校は休校になったので、戸外での作業を家族全員で行いました。

元々はエコキュートシステムの一環で、深夜電力を使った電気温水器の基礎工事だけの予定でしたが、せっかく生コンを取るので、10年以上経って劣化した土間コンクリートなどを補修することにしました。

馬小屋前レベル.JPG


【我が家の分の型枠は家族で組みました。水平を見るレベル(水準器)を操作も、印をつける作業も家族です。】

木の伐採.JPG


【コンクリートを圧送するポンプ車や生コン車が敷地から伸びた木の枝に当たるので、事前に枝を切りました。台風の時折れたりするので気にはしていましたが、交通を止めて高い場所に上るのはなかなかできません。思わぬ作業ができてよかったです。】

ポンプ車電線越え.JPG


【温水器の基礎に要するコンクリート量は大したことはありませんが、道路と打設場所の高低差が10m以上あるためポンプ車を使うことになりました。】

山の中のコンクリート打設.JPG


【打設する場所が点々としているので、ポンプ車のセットは3か所になりました。ポンプ車の方々もいやな顔ひとつせず、重いホースを抱えて移動してくれました。山の中のコンクリート打設は大変です。】

1家総動員.JPG


手作り鏝で均す.JPG


階段打設.JPG


【手作りのコテで水平にならします。請け負っている環境エネルギー屋さんも下請けの電気屋さんも、生コン屋さんもポンプ屋さんもみんな親切で、手伝ってくれました。】

生コンバケツリレー1.JPG


【ポンプ車のホースが届かないところは、馬小屋前のスペースに生コンをいったん流して、それをバケツですくってリレーしました。こんな時は「数の力」です。】

型枠解体.JPG


0416心然・木ねじ.JPG


【翌日の16日、温水器の基礎をはじめ、10か所以上の型枠をまたまた家族全員で外しました。1歳の心然(しんねん)もドライバーを使います。】

0416補修 (2).JPG


0416補修 (3).JPG


【うっかりして基礎の上に落ちる雨水の処理を忘れていたので、コンクリートブロックやモルタルを立ち上げ家の中に雨水が入らないように補修・誘導しました。】

0416馬・猫・ヤギ.JPG


DSCN4940_R.JPG


【10年に一回の大騒動をよそに、裏山のまきばではヨナグニウマの「ゲン」やシマヤギの「シーマ」、飼い猫の「リン」、イノブタの「チョコ」が陽気に誘われてのんきに過ごしていました。】
posted by 塾長 at 09:20| 教育・子育て