2020年04月26日

「さい帯血による再生医療」同胞間投与に大きな一歩!

さい帯血による再生医療の推進、特に「きょうだい間」投与の臨床研究を国内で一日も早く実現するために、昨年は講演会やパネル展、署名活動、厚労省への要望書提出など、さまざま活動してきました。

昨年の7月、東京での学術集会で高知大学医学部付属病院の藤枝幹也先生が「同胞間(きょうだい間)投与の臨床研究の計画を申請した」と発表され、「やった!」と喜びました。
しかしその後、認可を下ろす厚労省からは、大阪大学内にある「第一特定認定再生医療等委員会」の事前審査があると聞き及びました。

いわゆる「事前審査」です。

ここをクリアーしないと、厚労省(本省)の審査に進めないと聞き及びました。実はこの審査が厳しくてなかなか通らないとのこと。ただ、私たちにはどうすることもできない医療の専門分野。
いろいろな手も画策しましたが、高知大学で尽力されているので、ただただ静観することに決めました。

それから8か月。今日、毎月更新される第一委員会の議事録を見たら、なんと、高知大学医学部付属病院が昨年7月9日付で申請された
「小児脳性麻痺など脳障害に対する同胞間臍帯血単核球細胞輸血」
―細胞バンクで保管されている同胞間の臍帯血単核球を用いた輸血の安全性研究ー
の審査が、継続審査後、「適」となったとありました。

ドキドキしながら、確認しました。

間違いなし!

つまり、事前審査をクリアしたのです!

途中経過は時々聞いていましたが、日本で初の同胞間投与。失敗したら、今後の研究がすべて止まると聞いているので、高知大学も慎重に調整したのだと思います。

さっそく、高知大学の藤枝先生にメールで確認したところ、「お陰様で、大阪大学の事前審査は通りました。・・・」とご返信がありました。

大きな大きな一歩です。

これから厚労省(本省)の審査が待ち受けています。さまざまな関門があるかと思いますが、新型コロナウィルス禍のなか、なんとしても多くの脳性マヒの患者・家族の思いを実現していただくよう、お願いしました。

昨日も熊本の荒尾市在住の倉吉昌輝さんから104筆の署名簿が届きました。倉吉さんは40年前の通信大学の仲間です。現在、ウェブ署名を含め17,000筆以上の方々から早期実現の署名をいただいています。

折を見て、再度、厚労省に熱い思いを伝えに行きたいと思います。

以下に、公表された第一委員会の議事録要旨を添付いたします。
2ページ目に記録されています。

1、2019年度第9回大阪大学第一特定認定再生医療等委員会議事録(3月25日開催)1_R.JPG


2、2019年度第9回大阪大学第一特定認定再生医療等委員会議事録(3月25日開催) 2_R.JPG


3、2019年度第9回大阪大学第一特定認定再生医療等委員会議事録(3月25日開催)3_R.JPG


4、2019年度第9回大阪大学第一特定認定再生医療等委員会議事録(3月25日開催) 4_R.JPG


5、2019年度第9回大阪大学第一特定認定再生医療等委員会議事録(3月25日開催) 5_R.JPG
posted by 塾長 at 20:21| お知らせ