2020年07月22日

厚労省評価部会も大詰めか?

更新された厚労省の評価部会のHPを見ると、7月30日に審議会が開催されるようです。先月の審議の議題には上がっていませんでしたが、今月の審議会ではどうでしょうか。継続審議で残された「さい帯血の同胞間投与の臨床研究(フェーズ1)」が議題に上るかどうかは前日の29日に発表されます。
厚労省の評価部会と申請者の高知大学医学部で事前協議が行われていると思われますが、知る術(すべ)がないので待つしかありません。いずれにせよ大詰めの段階だと、うかがい知ることができます。
いろいろ条件等はあるかも知れませんが、不治の病とされている「脳性まひ」の機能改善等に自然由来のさい帯血の間葉幹細胞が使われる臨床研究の第一歩が動き出すことに期待しています。

さて我が家は1歳7か月の第10子・心然(しんねん)が話題の中心にいます。下3人のうち「こだまこ」はこの春から小学1年生になり家に残っているのは4歳の「わかみこ」と「心然」。あとの8人は大学(千葉大)、県内の高校・中学校・小学校に通っています。早朝講座のある進学校に通う3女と障がいを持つ万然(ばんねん)を除く家族7人で朝6時前から動物たちの世話や草刈り、清掃などをします。
約1時間余りかかりますが、心身ともに健康になります。

DSCN0186_R.JPG


【今日から与那国馬の「ゲン」は北中城(きたなかぐすく)中学校に草を食べに行きました。いつも面倒を見る中3の朴然(ぼくねん)に生活指導の先生から「馬を連れてきてもいいよ」と言われたらしいのですが、私たちがお願いしたのは家族同伴の草刈り作業に行けない代わりに「馬」ではどうか、と聞いたことくらいで、日常的に馬を出すとは思っていませんでした。しかし、馬が一日じゅう草を食べると結構な量になります。毎日、牧場をはじめ周辺の緑を見つけてつないでいるので、中学校の除草にも貢献できるなら、「善し」としました。】

DSCN0087_R.JPG


【昨日は土用の丑(うし)の日。毎年、梅を干します。梅酒は3瓶、現在仕込み中です。これは二日目。一日目より色が赤くなります。ザルの上の梅を上下ひっくり返してまんべんなく乾かします。梅の香りが香ります。】

DSCN0078_R.JPG


【漬け込んでいたカメに梅から出た梅酢も一緒に干します。日光による殺菌です。あと1日梅を干した後、この梅酢に再度漬け込むと、しぼんだ梅が自ら出た梅酢を吸収して「梅干し」ができていきます。あと最低1日は晴天であってほしいものです。】

7月16日こども病院心然バギー押し (12)_R.JPG


【先週の16日は、万然の定期健診でした。南部こども医療センターは新型コロナの陽性者を隔離・入院する医療機関でもあるので、駐車場から出入り口まで厳しいチェックが行われていました。ここでは心然が万然の乗ったバギーを押して手伝いました。】

心然、浴槽内浮遊 (5)_R.JPG


【夜は一緒にお風呂に入ります。我が家のヒノキ風呂は内々が70pの120p、深さが90pあります。やっと短辺方向に「水中浮遊」ができるようになって、ご機嫌な心然君です。】
posted by 塾長 at 13:13| 教育・子育て