2020年08月05日

自由研究、真っ只中!

沖縄県内の新型コロナの感染者の昨日の感染者は83人(5日は77人)。10万人当たりの感染者数は23.61人(7月28日から8月3日)で全国最高。第2位は東京都で16.94人です。
近くの巨大商業施設のイオンモールライカムの店舗でも発生したので、危機はすぐそこまで迫っています。

沖縄県知事は基地の負担軽減で普天間基地や嘉手納基地の視察を昨日行っていますが、今はそんな時期ではないと思います。何かというと米軍基地を責め、先日も基地内の軍人のPCR検査をするよう上京していますが、米軍基地内の感染者は286人で、沖縄県内は637人(本日700人突破)。批判している米軍の2倍以上に感染者は増えました。

以前から言っていますが、批判する時間があったら米軍と協力したほうが絶対良いと思います。また、経済と感染抑制の両立を主張していますが、なんでも二兎追うものは一兎を得ず・・・。仮に両立を図りたいのならば、普段の数倍努力しなければ無理です。

勉強と部活、家庭と仕事・・両立している人は人一倍努力しています。沖縄ではマスクしていない人たちが多々見受けられます。「元(原因)をたださなければ」何をしても効果は上がりません。(首里城火災と同じ)

陽性者数の羅列やパフォーマンスはいいから、家庭でもできることを県独自でもっと具体的に提案したらどうでしょうか。地方自治が大事だと基地問題では声を大にしている割には、国の指導や補助に頼っている報道を聞くと失望してしまいます。学校も思い切って今月いっぱい夏休みにしたらどうかと思います。

さて、夏休みといえば「自由研究」。またまた新しい研究に子どもたちは挑戦しています。

DSCN2848_R.JPG


【中1の「さわみこ」と小6の「こはづき」は共同研究。テーマは「(仮)カタツムリと共生する方法」。毎朝、家族総出で裏山の農道や敷地前の村道を掃き掃除します。】

DSCN2828_R.JPG


【その時見かけるカタツムリやタニシの轢死(れきし)。殻に必要なカルシウムを摂りにコンクリート道路に這い出してきたカタツムリは人間に踏まれたりや車にひかれて死んでしまいます。なんとか人間と共生する方法はないのか、試行錯誤しております。】

表紙 (9).JPG


【小学1年生の「こだまこ」は自由研究には初挑戦。テーマは「(仮)なぜ、ふうせんはとまるの?」。台所にあるサーキュレーターが上向きの時みた風船の静止状態を不思議に思い、スタートしました。】

20p弱中強 (11).JPG


【風船の大きさやサーキュレーター(扇風機)の風速を変えて計測しています。結果が楽しみです!】

昨年、中部理科研究会の科学展で金賞、沖縄電力の児童生徒科学展では「県教育庁賞」をいただいた中3の朴然は、高校受験で休止。ただ、中部の科学展で昨年度の自由研究の内容を発表(インターネトによるビデオに変更)があるので、現在、合間を見てパワーポイントを製作中です。

今年も、目まぐるしい夏休みですが、1日から10日までの短期間。今日は「なか日」です。

さて、最後は先日稲刈りした牧場の中の田んぼ。「ひこばえ」が出てきました。

ひこばえ.JPG


【立派な「ひこばえ」。これからどうなるのか、自由研究と別な楽しみでもあります。】
posted by 塾長 at 12:45| 教育・子育て