2020年08月30日

非常用電源が機能!

あまりにも電気・ガス代(ピーク時7万円前後/月)がかさむため、思い切って電気代の安い夜間電気を使った温水器に一部(風呂・炊事)を変えました。さらに、台風や地震などで急に停電した時も蓄電した電気で照明やパソコンが機能すうよう、蓄電設備の工事もしました。

先日大雨の際、その蓄電作用で停電した電気が通じる予定でしたが、真っ暗。気持ちまで真っ暗。

問い合わせをしたら、冷蔵庫を主体に考えていたので、冷蔵庫は点いていたはず・・・とのこと。しかし実際は照明やパソコンがついていないと効果は半減。
そこで長男・朴然に頼んで非常用電源のコンセントから分岐して照明やパソコンにつなぎました。夕刻、時間を見い計らってテストを挙行。・・・・「大成功!」でした。

やがて沖縄に台風が来るらしい。いつもは心配が多いのですが、今回は「停電時が楽しみ」です。

DSCN6414_R.JPG


【新しい電灯や電線を買ってきて非常用のコンセントから分岐した。分電盤のブレーカーを落とすと同時に照明がついた。・・というより点けていた電灯の明かりだけ消えなかった。(ほかは真っ暗)すぐ下にあるパソコンも電源が切れずに使えた。】

非常用冷蔵庫 (4).JPG


【冷蔵庫も電源が消えなかった。】

これで水と電気のリスクは数段向上しました。水は上水道、雨水の貯水槽、地下水の貯水槽、浅井戸のポンプ、雨水のバケツ30個、池(メダカ・闘魚池)などがあるので安心。

その他の話題。

DSCN6140_R.JPG


【万然(ばんねん)は8月28日で満9歳になりました。いつものようにケーキはみんなで手作り。ローソクを息で消せないので、1歳の弟・心然(しんねん)が代理で消しました。】

脱穀 (28).JPG


脱穀 (13).JPG


脱穀 (42).JPG


【昨日は脱穀を家族でしました。台風の前にしておかないと湿気でモミがだめになると考え、急きょ、脱穀をしました。休校中の万然も一緒でした。】

精米 (77).JPG


精米 (101).JPG


精米 (135).JPG


【今日は精米。金武町の伊藤精米所に行きました。モミは少なかったのですが、気持ちよく引く受けてくれました。連れ立った小さな子たちに精米がどのように映ったかは、後の楽しみです。くず米とぬかも安かったので購入しました。】

草刈り (10).JPG


【今日も朝から草刈り。台風も来るので少し多めに刈りました。1歳の心然も手伝いの数のうちに入っています。】

ホウオウボク (1).JPG


【育ちつつあるホウオウボク。真っ赤な花が咲く鳳凰木。種から育てています。このくらいに育つと台風でも倒れないかも・・・。楽しみです。】

ドクダミ (1).JPG


【これは毎朝少しだけ摘み取る「ドクダミ」。熊本で育った時、昔の家の庭に植わっていた。そのころおふくろが腫れあがった「できもの」の周りにぬってくれた。ばい菌をやっつけるのではなく、ばい菌を吸い出す働きがある。10年来足のかゆみが治らず困っていたが、毎日、葉っぱを折り畳んでドクダミの汁(成分)を直接残っているかさぶたに塗っています。これまでステロイド系の薬や木酢液、漢方薬の飲み薬、かさぶたに直接お灸やマイナス190℃液体窒素を当てたり、さまざまな処方をしましたが効きませんでした。10年ぶりにやっと本命現る。まずかゆみがなくなるためかきむしることがなくなり、皮膚が傷みません。やはり天然、自然にはかなわないということがわかりました。】

さて、難病指定の「潰瘍性大腸炎」で職を辞された安倍総理にあうべく、秘書を通じてに総理補佐官に連絡をしました。立派な仕事をしたのにプライベートのスキャンダルで信用を落とした感のある安倍首相。最後に同じ難病の「脳性まひ」の治療に対する深い理解でやさしい気持ちがあることを全国に伝えてほしいと思い交渉しました。

補佐官は「それどころではない」らしいのですが、私たちも命がけの活動です。さい帯血のきょうだい間投与の臨床研究が「認可」されれば画期的で歴史に残るできごと。すでに大手新聞社や通信社から認可後のコメントを患者・家族の代表として求められています。

総理補佐官がどこまで理解したか?総理にどこまで進言できるか?もし資料や説明ができたとして、安倍さんはどう動くのか?見ものです。

評価部会の進展が見えない中、私にできることはこのくらいです。難治疾病をあきらめず、自然由来のさい帯血の間葉幹細胞で機能改善を図るという新技術に、国の最高指導者が少しは応援してもらいたいものです。
指定難病で総理大臣の職まで辞した安倍さんだからこそです!
posted by 塾長 at 23:57| 教育・子育て