2021年02月13日

大人のいじめ

森元首相が東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞されました。連日のマスコミや野党をはじめ、多くのスポーツアスリート、にわかコメンター、与党の一部から袋だたきにあっていました。

今はコロナ禍、残された時間もない時期に辞職まで迫る追い込みが必要だったのか?発言の全体を見てみると、女性蔑視と決めつけるのは早計だと思うし、的を射ていないと思います。

発言の一部を切り取り、大騒動にしてしまう今の風潮に疑問を持っています。本人も発言を取り消し謝罪もしているのに、辞任まで追い詰め、果てはかばおうとした菅政権までたたきます。

もうこれは「おとなのいじめ」。人権擁護をかざす人間が過去の事案まで持ち出してとことん追い詰める姿は「いじめ」です。

人権を言うなら来年開催予定の北京冬季五輪の開催地の中国をターゲットにすべきです。

新疆ウイグル地区での女性への性的暴行や大規模な避妊手術など、森さんの発言などとは比較になりません。
森さんの発言で誰か直接被害に遭った人がいるのでしょうか?中国では人権無視で大量虐殺されています。香港やチベットでの人権問題もあります。
次期開催国の中国はスルーして、実害のない発言の切り貼りで大事な時期の組織委員会の会長を追い込むとは、まったく、今の日本はどうなっているのでしょうか?五輪憲章まで持ち出すくらいなら、その憲章にそぐわない次期開催国の人権のあり方を批判し、参加ボイコットする議論の方が重要だと思います。

さて、怒りはこのくらいにして最近の家族の動きを報告します。

2月10日、令和2年度「北中城村教育の日」式典(村教委主催)で第6子の「こはづき」(小学6年)が科学部門でひとり、表彰を受けました。後藤家に限ると長女以下6人全員が表彰を受けたことになります。ありがたいことです。
これを励みに、また頑張って欲しいと思っています。

教育賞.jpg


【周りは金賞ばかり。本人は県で佳作でしたが、中部地区では金賞、金賞、銀賞、銀賞と続き、県でも優秀賞や優良賞を受賞しているので、長期にわたっての自由研究での評価があったのかもしれません。なお、テーマは毎年違っていて、今年度は児童会役員でがんばった成果も加わっているかもしれません。】

炭鉱夫.jpg


【その「こはづき」も毎朝6時から裏山の道路掃除をします。もう春分も党に過ぎたのに、夜明けは遅い。まるで「炭鉱夫」のように頭から光を当てて掃除します。先日、敷地内でヘビと遭遇。冬眠しない沖縄のヘビたちと遭遇するのはしょっちゅうです。ただ、ハブを含めたヘビたちはネズミを捕ってくれるので、我が家では重宝されています。】

かに.jpg


【掃除やエサ上げ、側溝掃除などの作業中に野生の生きものと出会うこともあります。1昨日は側溝のマスの中にテナガエビの親子、昨日はモクズガニの子どもたち。湧水地から流れ出る清流と落ち葉。野生動物たちにとっては貴重な自然環境課もしれません。】

さくら.jpg


【旧正月を迎えるころ開花する「カンヒさくら」。我が家の敷地には2本しかありませんが、今年も咲いてくれました。】

来週月曜日は、その週から基礎を着工する伝統的な木造構法で建てる住まいの中村大工棟梁が、建て主に会うために来沖します。今回は沖縄で墨付け・切り込みする予定なので、楽しみです。現実には4月から大工さんの手作業がはじまります。

日本人の文化があれば、日本的な人間が育つ。そう確信しています。日本人は寛容な精神をもち、相手を追い詰めるようなことはしません。礼儀正しく、慎ましい暮らしぶりを美徳とします。

これからも消えゆきそうな日本文化ではありますが、まともな日本に還ることを念じて日本文化を住まいに注入していきます。

心柱用ヒノキの丸太9mφ420o(肥後木市場)_R_R.jpg


【80坪を超える住まいの中心に浮く360角の心柱に使う予定のヒノキの丸太(直径42センチ、長さ9m)熊本・肥後木市場(右から3本目)。写真提供:都城市・川口木材。落札:八代市、白島木材さん】
posted by 塾長 at 19:24| 教育・子育て