2021年09月28日

日本の文化・日本人の気質

9月も終盤。久しぶりに沖縄でホタルの乱舞を見ました。あの光の色や点滅、軌跡は日本人なら一度見ると心の奥に仕舞っておきたい独特の風景。とても写真や映像では表現できない味わいがあります。

焼き芋.jpg


【秋。・・「焼き芋」。裏山の牧場周りのギンネムを伐って焼きました。外来種のギンネムの生命力と繁殖力はすさまじく、1年も放って置くと一面、ギンネム林になります。そこで家族で伐採しました。その残り火でできたのが「焼き芋」】

玄関生け花 (1).jpg


【おふくろ・・・子どもたちにとってはおばあちゃんの月命日に妻が花を生けました。「前に置いたいが栗」「バックのほうずき、ブナの葉」が秋を感じさせてくれます。】

自民党の総裁選も終盤を迎えています。連日4人の候補者の考え方が報道されていますが,個人的には高市さんを推します。国家観がしっかりしているし、これまでも議員立法を自ら条文を書いて成立させている実力者だからです。

これまでの政治家の政策を振り返るとどうも経済に重きがあったように感じます。戦前はお金儲けより国の発展や人のためになるような人が尊敬されていました。
今は年商や会社の規模の大きな経営者や学歴などが高い人が脚光を浴びているし、政治家も株価や賃金、待遇などの向上を重要視しているようです。

選挙戦に入るとワンフレーズやパフォーマンスで人の気を寄せ付けますが、実際は何もできない政治家が多いと思います。一方現実的には、この十年で中国の脅威は増すばかり・・・。沖縄では尖閣列島、隣国の台湾も中国から奪われそうな状況が続いています。

「話し合い」で解決できるという人がいますが、そもそも思想的に全く反対の人(国)同士は話し合いをしても平行線です。中国共産党や北朝鮮、現在の韓国政府などは聞く耳を持っていないし、価値観や社会システムがあまりにも違いすぎます。

これからは自分の国は第一義的には自分で守るという国家観が必要です。領空・領土・領海を侵したら対抗するぞ、という抑止力は持つべきです。

なぜそういうことを思うか、それはNHKの「サラめし」を昨日、車搭載の小型TVを見ていたら、いい大人が帽子をかぶったまま食事をしていました。最近は歩きながら食べたり、畳の上で正座もせずに食事をする子どもがいたりするのを見るからです。

行儀の悪い日本人が増えました。
沖縄は特に、目上の人に向かって敬語で話さない(タメ口)人が多いことに気付きます。

シルー.jpg


三枚おろし.jpg


【お裾分けでいただきた「ムルー」という魚。優しい目をしています。さすがに「ごめんね」といって包丁を入れたと言います。家庭で3枚おろしにできる主婦も少なくなりましたが、お陰で白身の「ムルー」を刺身や味噌煮でいただきました。】

経済性や快適性に重きを置いたせいで、日本人の気質や日本の文化がすたれていったように感じます。社会秩序もこれでは保たれません。
政治家の身勝手な言動や行動は、国を滅ぼします。どんなに偉くなっても、どんなに若いとき元気であっても、所詮、人は老い迎え、死に至ります。政治家になった以上は、国家、国民のために命を張ってもらいたいと思います。

126代続く皇室は世界に比類のない長い歴史を持ちます。緑豊かで自然と共生しながら勤勉・勤労して小さな国土でも立派に伝統の技術が磨かれてきました。四季もはっきりして緑も豊か。その国土を背景に高くて深い芸術や文化が育まれてきた希少な国・日本に生まれてきて良かったと思っています。

失われゆく日本人の感性。経済性以上に国を思う気持ちを大切にしていく時期ではないかと思います。

9月25日心然5キロのお米を抱えて運ぶ_R.jpg


【第10子(三男)の「心然の成長ぶり。毎月送ってもらう完全無農薬のお米(阿蘇のおあしす米)。中の袋詰めされたお米5キログラムを抱いて運びます。我が家は地形に合わせて段差が多いので運ぶのも大変。しかし、なんとか階段を降りて運び終えました。サンキュー!】

生たまご割り (1).JPG


生たまご割り (2).JPG


【日本人の感性・機能の劣化は著しく低下しました。一番わかりやすいのは「生卵割り」です。小学生でもちゃんと割れない子どもがいます。2歳の心然は見事に割れました。すっかり満足のようす。後藤家の子どもはセーフのようです。】

自民党員ではないので総裁選挙には参加できませんが、来る総選挙では、国防や安全保障、日本文化の継承、日本人の気質を取り戻せるような人に1票を投じたいと思います。

1キロ走るわかみこ (2).jpg


1キロ走るわかみこ (1).jpg


【毎朝、島ヤギと与那国馬は中学校へ走って連れて行きます。いつもは中学生の第5子(四女)と第6子(五女)が連れて行きますが、今日は第9子(七女)の「わかみこ」が後を追って走りました。この子もだいぶ、成長したなぁ!】
posted by 塾長 at 12:45| 教育・子育て