2022年01月02日

にこにこ明けまして おめでとうございます。

今日から新パソコンにて入力します。
昨年は旧の旧のパソコンにゴミが詰まり、全データが消去。あわてて復活できる会社を探し、ほぼ100%修復できました。ところが新規パソコンに移動した直後、デスクトップに物が当たり傷つきました。画面が暗くなり徐々に消えそうになったためさらに新たなパソコンにデータを移動しなけれない羽目に・・。

全データを一旦USBメモリーに分散して移動、メールアドレスまで変更しなければならなくなりました。年末の忙しい時期にとんだアクシデントが発生しましたが、1月1日という節目。気を取り直して再々スタートを切りました。

新しいメールアドレスは、

nuchiyuruya@gmail.com

です。

・・・ということで毎年元旦に更新していたブログが今日(2日)になってしましました。

年末と元旦に分けてご報告します。

年末風景

DSCN2657_R.jpg


【妻が18年ぶりに郵便局に復職したので我が家はてんわわんやですが、みんなでフォローしています。小学2年生の「こだまこ」も茶碗洗いをしています。】

DSCN2479_R.jpg


DSCN2473_R.jpg


【私は自宅の和室でドラフターで施工図(大工さん用の詳細図)を書いています。(初の自撮)】

DSCN6908_R.jpg


【タチガー(自宅近くの湧水地)に建立した「祠(ほこら)地蔵」さんの周辺の草刈りやお顔の手入れをしました。】

DSCN6896_R.jpg


【掃除に勢いあまって側溝に落ちた「心然(しんねん)」。頭に傷・・・。】

DSCN6913_R.jpg


【自宅入り口に鎮座するお地蔵尊。こちらもお顔をきれいにしました。こちらのお地蔵尊は二人の子どもを胸に抱いています。心然の傷が早く治りますように・・・。】

DSCN6842_R.jpg


【大晦日。いつもは30日の夕方から始める餅つき。今年は何かと忙しかったので31日のエサ上げ後からスタート。3歳になった心然は初の餅つきを長男の朴然としました。】

DSCN6826_R.jpg


【球陽高校(進学校)のコンビ。今年は大学受験が一人は待っています。】

DSCN6733_R.jpg


【交代で餅つき。こちらは中学生コンビ。昨年は夏休みの自由研究で県の最優秀賞を受賞しました。現在、次のステップ・沖縄電力主催の科学作品展にパネルとレポートなどを提出しています。結果は今月中。】

DSCN6834_R.jpg


【これは「小2のこだまこ」と幼稚園から保育園に替わった「わかみこ」のコンビです。】

DSCN6854_R.jpg


【心然は「餅返し」が得意なようです。】

DSCN6805_R.jpg


【もち米を蒸す蒸篭(せいろ)が1段ものしかないので時間が空きます。空いた時間に馬小屋の屋根に登る下7・5・3(歳)組み。】

DSCN6874_R.jpg


【温かいお餅を丸める途中にさっそく口のほうばる。お餅はもろぶたに移して元旦の雑煮に入れます。】

バタバタと年が暮れていき、令和3年(2021年)を何とか越せました。
我が家にはテレビジョンがないので、家族それぞれで時を過ごします。

そして令和4年(西暦2022年)が明けました。

DSCN2775_R.jpg


【12月のカレンダーから顔を出した心然。(去年のカレンダーから)明けましておめでとうございます!】

DSCN6928_R.jpg


【「共稼ぎになったからおせち料理ができなくなった」と言われたくないと意地で作った(?)手作りのおせり。いやいや立派なものです。みんなに料理のいわれを説明を聞いていただきました。】

DSCN6931_R.jpg


【我が家のお屠蘇(とそ)は熊本の赤酒です。三々九度で家族全員がいただき、家族の健康を祈念します。年に一度、昼間に飲めるお酒は「香露(こうろ)」(熊本産・辛口)、ビールはエビスかサントリーの黒に決めています。】

DSCN2808_R.jpg


【お屠蘇は若い順に飲むらしい。夫婦以外はみな未成年。奥で狙っている子がいます。】

さてさて年末年始のご報告をさせていただきましたが、毎年書いていますがなぜ「明けましておめでとう」と元旦に挨拶するかというと、日本人はおなかの中に宿った時から年を計算するからです。

梅干し.jpg


お茶.jpg


【今年漬けた梅を新茶に入れて「ひとつ」歳を重ねます。】

西洋は誕生日を盛大に祝いますが、日本人は着床したあとおなかの中で生きている十月十日(とつきとうか)の命を大切にします。
だから生まれたときはもう1歳。数え年に意味はそこにあります。亡くなった時も数え年(母親のおなかの中で生きていた時間を含める)を墓誌に刻みます。
満で計算する西洋では誕生日が来て1歳。日本では満1歳、数えで2歳。

したがって年が明けたら家族全員、周りの皆さんすべてが元旦に揃って、お互いに新しい年が「明けまして」「おめでとう」となります。

誕生日を否定するものではありません。誕生日は誕生日で外に出てきて肺呼吸に変わった瞬間ですから「無事生まれてきて」「おめでとう」です。

お正月ひとつでも長い歴史を持つ日本の文化に触れることは大切だと思っています。

どうぞ皆様、いろいろあるかもしれませんが、今年1年、何とか越えていきましょう!

(おまけ)

第2弾.JPG


ワサビ.JPG


DSCN2918_R.JPG


【年一度の料理。自家製おせちの第2弾。(夜の部)お刺身は紅白(マグロとタイ)。鯛は妻がさばきました。刺身の残りは鯛汁。ワサビは本物。香りといい味といい・・最高でした。良い年になりそうです!
posted by 塾長 at 10:07| 教育・子育て