2022年02月18日

沖縄建設新聞 連載「建設論壇」第1回目

昨年まで連載していたタイムス住宅新聞「細部から文化が見える(全36回)が終了しましたが、今年縁あって、沖縄建設新聞社の第1面の「建設論壇」の連載が始まりました。

先日アップしたように8人の論者が輪番で書きます。したがって2カ月に一度掲載されることになります。

2月16日(毎週水曜日)に8人のうちの2番目に私が書くようになっています。先週は沖縄総合事務局の方でした。

建設論壇1回目 (2).jpg


【建設論壇(2月16日付、第1面)の第1回目。記事提供 沖縄建設新聞社。】

昨日、破風板の継手を確認しました。二つのほぞ穴は化粧棟木(差し棟木)の二枚ホゾが入り持たせます。拝み部分(一番高いところ)は目違い、離れ防止には鎌継ぎの雇ホゾと吸い付け桟に笄(こうがい)を差し込んでつなぎ留めます。

破風板加工 (2).JPG


破風板加工 (1).JPG


いよいよ棟上げが近まった感じですが、心柱を浮かせる塔屋の木組みが難儀です。まだまだ課題をいっぱい抱えていますが、楽しみもたくさんあって充実した毎日です。

posted by 塾長 at 21:04| 教育・子育て