2022年07月30日

10人、療養解除!

長い10日間でした。やっと新型コロナの呪縛から逃れました。家族10人全員が陽性になったので、大変でした。仕事は電話で一定程度できましたが、問題は食料等の買い出しでした。

どこへも買い物に出かけられないので食料は底をつきました。だれか陰性ならその子に買ってきてもらう手もありますが、全員陽性なので無理です。

たまたま家内の実家の義父母は陰性だったので、時々敷地の外に置いてもらい、その後家族が取りに行くという具合です。食料だけでなく薬や日用雑貨もあるため大変でしたが、なんとか昨日全員解除できました。

20220729084811_00001.jpg


20220729084825_00001.jpg


【最初に感染した第10子・心然の解除証明書。その後、順次解除できました。】

解除になったら他の人にうつらないのか県に聞いたところ、3カ月くらいは陽性のままだが、残っているウイルスは感染力のないウイルスなので問題ない、ということでした。
だから3カ月くらいはPCR検査は受けないで欲しいと言われました。

新しいウイルスがまた出てきたようなので安心はできませんが、少し安堵しました。それにしても新型コロナウイルスとウクライナ情勢・・・。品薄と物価の高騰、宗教と政治・・・。中国とロシアの沖縄近海への接近・・・。いろいろと不安が募る世の中において確固たる考え方、捉え方、信念が大切になってきます。

今年は雨の多い年で梅雨は早く上がったものの、その後の長雨で現場は遅れるし、大量のアリの発生で身も心も崩れそうでした。

土用の丑の日の前後のつかの間の晴れ間に漬けていた梅を干しました。まさに「梅干し」です。

DSCN8238_R.JPG


DSCN3026_R.JPG


【我が家の子どもたちは梅干しが大好き。3歳の子も干してある梅干をつまみ喰いするくらいです。今年はいつもより多く梅を干しました。私は「梅酒」が楽しみ。市販品にない味がするからです。】

現場も雨やコロナ感染で遅れていますが、やっとややこしい道路側の「すがり」部分の屋根じまいができました。瓦の割り付けに合わせるので大工さんも大変です。特に屋根に反りを付けたので面倒でした。

DSCN7683_R.JPG


DSCN8584_R.JPG


DSCN7703_R.JPG


【敷地が四角でなく、道路側が徐々に狭くなっているので、その形状に合わせて柱や屋根を段々になります。屋根工事では「すがり」と呼ぶようです。この「すがり」部分にはそれぞれ破風板が入ります。タルキの鼻を隠す「鼻隠し」を打たない設計としたので6段ある「すがり」にはそれぞれ軒の奥まで破風板を入れるようにしました。その破風板は手作り。時間も手間もかかります。】

DSCN8607_R.JPG


【昨日やっと瓦下地のルーフィングが貼れたので、大屋根部分は雨から逃れます。ただ、塔屋の屋根や玄関の屋根が残っているのでまだまだ安心できません。搭屋の隅木やモヤ、野地板、化粧裏板などを施工するため足場を架けました。反りのある屋根の上の足場。これも大変でした。台風の季節なのでその対応もしました。
毎日暑い日が続きます。現場の人たちも水分補給や休憩も十分しないと倒れてしまいます。今は特に風や雨、暑さなど自然との関係が重要です。室内作業と違って外との関係が深い「建築」ではさまざまな配慮が欠かせません。】

DSCN3040_R.JPG


【暑いのはイノブタの「チョ子」も一緒です。以前は大きなトロ箱に水を入れていましたが、「チョ子」は何時も全部ひっくり返します。イノシシは体に着いた虫をとるために「ヌタリ」ます。そしてそれでできた穴に水を溜めていたのを見て、考えを改めました。「自然がいいんだ!」。いわば「ヌタリ穴」に水を補給するだけで「チョ子」は満足。糞尿の混じった水は人間の感覚だと「汚い」かも知れませんが、免疫力の高いイノブタの「チョ子」はへちゃら。
カバのように水に浸かり体を冷やしています。そういえば動物園のカバも自分のフンを池にして太陽光線から弱い皮膚を守っていました。コロナウイルスも一旦体に侵入すると抗体ができ、抵抗力ができるのでしょう。抗生物質をたくさん打つのではなく、自らの免疫力を高めるのが最後の防疫手段なんだろうな、と感じました。】

みなさま、どうぞ免疫力が落ちないよう滋養強壮、十分な睡眠をお取りいただき、この夏を乗り切りましょう!!
posted by 塾長 at 19:48| 教育・子育て