2022年08月28日

自由研究の夏、終了!

今年の子どもたちは自由研究をしないつもりでした。なぜなら夏休み前に家族全員が新型コロナに感染したからです。しかし、子どもたちは意気盛んで、家族の体温を記録していたことを題材に、自宅療養中の体温や血中酸素飽和度、脈拍を自由研究のためにデータ化し、表やグラフを使ってまとめ、コロナ対策を研究しました。(中2の「こはづき」)

小学3年生の「こだまこ」は恒例の梅干しづくりに着目。なぜ梅を干す時に裏返しするのかという疑問から始まり、すっぱい梅干しが酸性なのに「アルカリ食品」といわれ、体に良いのか?梅の重さをはかり、リトマス試験紙で酸性、アルカリ性を調べました。木炭にしてさらにリトマス試験を行い、アルカリ性に変化することを証明しました。人間は㏗7.4を維持しようとすることから、体内でアルカリに変化した梅干しが酸性化を中和させる働きがあり、肝臓の負担が減ることから元気になるという説明をしています。

今年は幼稚園に通う「わかみこ」(6歳)も参加。幼稚園で国旗カルタをするようですが、それで負けるのがいやだから、世界の国旗を全部覚えたいという理由から、自分で国旗を書いて覚えていました。
私も知らない世界の国旗を見て国名を言います。まぁ、我が子とはいえ感心しています。

たま、こは.JPG


【左から中2の「こはづき」と中央の小3の「こだまこ」。「こはづき」は現在中3の「さわみこ」と一緒に研究した作品が沖縄県の科学展で最優秀賞をいただいています。ただ今年は「コロナ」で家族全員が全滅。一旦あきらめたのですが、体温を記録していたので、これを逆手にとって題材にしました。
こだまこは「うめぼしの研究」。36ページにのぼるレポートは全部手書きです。妹(右端)の持っている図は挿入した酸性食品とアルカリ食品の仕分けです。】

国旗 (1).JPG


【中央の「わかみこ」は初めての挑戦。がんばって198の国旗を全部自分で描きました。描いただけでなく、覚えています。課題はその国がどこにあるのか、らしいです。来年は地球儀がいるかも・・・。しかしこれで今年の夏の自由研究は終了しました。結構、周りの家族はいい刺激を受けております。】

さて今日は生後6カ月で脳性マヒになった「万然(ばんねん)」の11回目の誕生日です。ただ、富山県立大学看護学科に通っている三女が帰省していて今日朝帰るので昨日一日早めの誕生祝をしました。

ケーキ.JPG


【自家製の誕生ケーキ。】

歌.JPG


エイエイ.JPG


【今年度内になんとか「きょうだい間のさい帯血投与」の臨床研究がスタートして欲しいものです。】

塔屋.JPG


宝珠.JPG


【建設中の塔屋部分の屋根ができました。頂点には「宝珠」が鎮座します。この真下は「宙に浮く心柱」です。】

DSCN1866_R.JPG


蓑甲.JPG


【大屋根の蓑甲部分の掛け瓦も施工がスタートしました。】

蝶ネクタイ.JPG


【今朝もはよから餌あげ、草刈り、掃除、台風が来そうなので裏山との境目にある「水みち」の整備・・・と大忙しでした。いつも帰りぎわに自分たちが整備したタチガー池(湧水地)で手を洗います。ここには「祠(ほこら)地蔵」さんを建立していてみんなで手を合わせて万然の奇跡の回復を願います。ふと見るとお地蔵さんが「蝶ネクタイ」をしているように見えました。最近の雨で石灰岩のお体に着いたインパチェンスの種から目が出て茎が伸びたのでしょう。この「蝶ネクタイ」に見える葉に花が咲けば、まさに「チョウネクタイ」になります。世の中、あまり科学的にならない方が、心は豊かになるとかも知れません】
posted by 塾長 at 18:31| 教育・子育て