2011年05月05日

春のきたなか林間学校(19回)速報 その2

 春のきたなか林間学校(19回目)の速報 その2(二日目)の速報を写真で綴ります。

DSCF0963R.jpg


【二日目最初は早朝講義。テーマは命の循環。昨日運んだ馬糞や馬糞の堆肥、裏山の土、それぞれ1グラムに、どのくらいの微生物が棲んでいたのか、覚えていますか子どもたち。「馬糞には34億匹、堆肥には16億匹、土には大腸菌149匹、一般細菌は450万匹いましたね。生産・消費だけでは地球上は死体だらけになってしまいます。微生物に感謝しましょう。そして自然のなかの栄養や水の循環に気付きましょう。さらに、循環を妨げない努力も必要です。・・・」と言っています】

朝の散歩.jpg


【講義が終わったら夜も明けました。馬(1頭)や番犬(3匹)と散歩を兼ねて、洗濯場のある裏山まで出発しました】

湧水で洗たく.jpg


【湧水(名水百選のひとつ・タチガー)で洗剤を使わず洗たく。地球から湧き出る地下水のメカニズムを説明。地震や台風で水が止まったら貴重な命の水になる。それぞれが住む住宅の近くの湧水地を探しておきましょう。そして大切に、かつ、湧水量を増やす努力も忘れずに・・・。子どもたちは水道以外の水に触れて「あたたかーい!」と

DSCF0996R.jpg


【ゲットウ(月桃)でヒモ作り。沖縄にはどこでもお目にかかるゲットウ。根を木で叩いて繊維を取り出す。乾燥した後、糸やヒモに、綯(な)う。いざとなったら、身近な自然素材を生かすのが危機管理の原則】

DSCF1025R.jpg


【ゲンちゃんの脱走事件発生。洗たくに出かけた時、牧場に放していた与那国馬(原種)のゲンちゃんが「いませーん」。みんなで見つけに行ったら近くの草原にいました。良かった!思った通りにならならないのは、自然だけではない、つい2年前まで野生だった馬も同じ。人間中心主義に陥る日本社会にあって、とてもいい経験をした子どもたちでした。(見つかった馬のゲンにお恐る、お恐る近づき、ゲットして連れ出そうとする子ども)】

DSCF1061R.jpg


【身近な自然を生かして生き延びるのは衣食住だけではない。遊びもそのひとつ。現代はゲーム依存症が増えて、受動的な子ども(大人)が多い。アダンの葉っぱにあるトゲを取って、風車を作る。指導:石垣 喬(タカシ)氏】

廻れ風車.jpg


【まわれ、風車!最初は回らなかった風車も改良しながら全員がクルクル回るようになった。この達成感!!子どもたちは、これで自信を取り戻したのか、急にみんな元気になった】

エサあげで見つけた新しい命.jpg


【動物へのエサあげはわが家の日常。雨が降ろうが風が吹こうが、正月や盆も関係ない。子どもと一緒にエサあげ。前の日からヒヨコの孵化が始まっていたが、この日も親鳥がエサを食べに行っている間に卵を見ると・・・、新しい命発見!】

ヒヨコが怖い.jpg


【一方では、生まれたばかりの別のヒヨコに触れてもらおうと試みたが、ひとりだけ「こわーい!」と言って泣きだす子が現れた。以前、動物園でつつかれたらしい。子どもの記憶はなかなか消せない。その時の状況やフォローがどうであったか?明かりが点いていないと眠れぬ子が今回もいたが、日常の暮らしぶりが子どもには大きな影響を与えることを親は分かって欲しい】

桑の実.jpg


【作業の合間に桑の実を食べる。野草以外に樹木の実も食べられるものを知っておくと、楽しみが増えるし、危機管理上も有効】

名水百選巡り.jpg


【名水百選スタンプラリー。雨のためスタンプが置けず、先にスタンプを打ち、ラミネートした地図を持って出発。無事、次の見学先の中村家(国の重要文化財)前に着いた子どもたち。今回のテーマは「どのようなところに水が湧くのか?」だった】

中村家.jpg


【中村家:同じ北中城村内の国の重文。この日は12代当主の中村さんが直々に説明して下さった。子どもたちも、興味がましたのか、たくさん質問を浴びせた。小屋裏の方が部屋より涼しいことや、離れ座敷の押入れ裏に逃げ道と思われる通路があったり・・・自分自身も新たな発見があった】

現代版中村家.jpg


【中村家の現代版:比嘉家 まだ工事中であるが、外部はほぼ完成。子どもたちや中村家の中村さんも一緒に見学した。中村さん曰く、「立派!」。ありがたい言葉だった】

野草(非常食)の判別.jpg


【再びぬちゆるやーに帰り、野草カレーに入れる野草を採りに周辺を歩く。路傍の草に目をやり、人間が食べても害にならない草を判別する。心得は「腹8分目」。野草も命を持った生きもの。採る時はは「ごめんなさい」。そして、採り過ぎないように・・・。】

互いに野草探し.jpg


【人間ばかりが夕食をとることはない。私たちが一生懸命野草の判別や採取をしている間、馬のゲンちゃんも食べられる野草を模索中。腹何分目食べたかな?】

野草料理.jpg


       【野草料理。採ってきたセンダングサ、オニタビラコ、ツユクサなどを洗ってカレーに入れた】

命、いただきます.jpg


       【夕食は野草カレー。「命に感謝して、いただきまーす!」お代り続出。腹9分目?】
posted by 塾長 at 22:44| 林間学校