2012年06月23日

もっと人生楽しもう!

 台風4号、5号が去って少し落ち着いたかな、と思っていたら今日は「慰霊の日」。太平洋戦争の沖縄戦で指揮を執っていた熊本の第6師団所属の牛島満中尉らが自決し、沖縄戦が組織的に終わった日とされます。琉球政府時代に制定された記念日で、本土復帰後も県条例で学校等は休日になりました。今年は土曜日と重なりましたが、国民の祝日ではないので振り替え休日はありません。
 
 今日は糸満市の摩文仁(まぶに)の平和記念公園で野田総理大臣も出席して、沖縄全戦没者追悼式が開催されました。私たちが多くの犠牲者の上に今、生かされていることを思うと、先人の御霊に感謝するとともに、この日本から世界の平和の在り方を発信していかなければならないと考えています。

 さてその野田総理。社会保障と税の一体化改革のなかで、「消費税増税」に政治生命をかけるとのこと。3年前の衆院選挙で民主党の選挙公約にない消費税増税に命がけになるというのは、理解できません。本来は国民と約束したマニフェスト実現のためや、その後発生した未曾有の自然災害、東日本大震災・津波の復興・対応と放射能汚染処理・脱原発社会に命をかけるというのなら理解もしますが・・・。

 マニフェストにない消費税増税は国民に負担がかかるので、国民の承諾なしには実行できないはず。マニフェストのなかで社会保障部分の多くを棚上げにし、一部は自民党案を丸のみ。また、大増税を強いるのに、国民ではなく自民党や公明党幹部との談合で来る6月26日に衆院で採決に持ち込もうとしています。

 当然この動きに新しい民主党で政権を執った元代表の小沢さんは怒り心頭。本来は、マニフェスト違反の菅氏や野田氏が党を出るべきでしょうが、初心を忘れた議員は国民を裏切ったにもかかわらず、「寄らば大樹の陰」で保身一筋。
 もうさっさと党を出て、実力を発揮して欲しいものです。

 新聞社がテレビ社の株を持つことを禁じる法律を作ろうとする小沢さんはマスコミの敵。従って、表に裏に小沢攻撃を行います。先の献金問題や裁判を見ても分かる通り偏った報道ですが、世間はまともに受け取るので、小沢さんもたまったものではありませんが、それにも負けずによく頑張っています。

 さて、台風一過、またシロアリがたくさん寄ってくることでしょう。先日も無数のシロアリが渡り廊下や浴室に飛んできました。すべての照明を消すと、しばらくしていなくなります。倒れたシロアリをクロアリが始末します。このクロアリも木製建具のすき間から部屋に入ってきます。たまに体に入り込んでかんだりするので厄介ですが、これも畳などを掃除するといなくなります。

オオジョロウグモ.jpg


【夏至も過ぎると、生きものが活発になる。家の周りにはオオジョロウグモの巣がかかる。油断すると「人間」もかかる。通り道で顔や頭で巣を壊すことがあるが、その数時間後はまた巣をかけている。生きるしたたかさを学ぶ】

 台風時は大雨が降ると裏山から大量の水が来ます。我が家の建築はまず水みちづくりからしました。屋根の水や山の水は、周囲に設けた水みちに沿ってはけていきます。面白いくらいはけます。しかし、しっかり雨の前の点検が必要です。
 風当たり次第では、部分的に雨漏りすることもあります。沖縄の屋根・板金工事業のレベルもあり、完璧に止めるのは難しそうです。しかしこれも捉え方次第では、結構楽しいものです。だって、新建材を使わず、木や土でできた伝統木造の家です。隙間だらけで、「夏をもって旨」(夏を涼しく暮らす)としている造りですから、冬は寒く、台風時の大雨で一滴も漏らない方が不思議なくらいです。その分、環境負荷が極端に少なく、社会に貢献しています。

DSCF2393R.jpg


【先日孵化したアヒルもこんなに大きくなりました。これまで親に踏まれたり、カラスやマングースにとられたりしてここまで生き延びるのは自然界ではまれな方。周りのバケツは雨だれを溜めた非常水。雨の日が楽しくなる】
 
 ヒステリックにならず、もっと自然と接触する暮らしを楽しみましょう!自然を身近に感じる暮らしは刺激的で、感性が高まります。自然の怖さも実感します。自然を怖がらない暮らしや教育が、多くの自然災害の犠牲者になりました。気配を感じることは、事件・事故から身を守ることにも通じます。
 また、自然を拒否したり、敵視する暮らしはわがままな性格になりそうです。思った通りにならないことを住まいから学ぶということは素晴らしいことです。きっと、おおらかで優しい大人になると信じてやみません。

ウサギの子.jpg


【これはウサギの子。これまで数十匹産んでもそのほとんどが死んでいく。理由は親兎の育児放棄。今回は5羽産んだ内の最後の1羽を見兼ねて、家で育てている。今のところ元気!】

 近年、住宅設計者に哲学を持たない輩が増えました。もっと、自分の価値観を大切にしたいものです。技術者以前に自然観や人生観、世界・宇宙観などを持ち合わせていない人が多すぎるようにも思います。
 何が幸せな家庭なのか?どのような社会を目指すのか?毎日毎時間考えています。
posted by 塾長 at 20:19| 教育・子育て