2013年07月09日

QAB(琉球朝日放送)で紹介されます。

 5月3日〜5月5日までの2泊3日に開催した「第23回 春のきたなか林間学校」の一部が、明日(7月10日)のQABニュースの特集で紹介されます。
http://www.qab.co.jp/news/2013071044658.html(QAB 琉球朝日放送で紹介)


 8月3日、4日に「夏休みこども自由研究in沖縄コンベンションセンター2013」(場所:沖縄コンベンションセンター)が開催されますが、今年度のメインテーマが「環境と暮らしを考える」になっていて、そのテーマにふさわしいということで、きたなか林間学校の取材が3日間、密着で行われました。

 TVニュースでは4分くらいですが、8月の当日は、約20分くらいにまとめていただいたDVDを流す予定です。この時にはTVでは紹介できない「ニワトリのこしらえ」なども映像として見ることができると思います。

 8月3日・4日の両日は、私も午後3時から会場で「自然はなぜ大切か?〜家畜化する子どもたち〜」の演題で講演させていただきます。

 その際、先日作った壁新聞を題材に子どもたちにも登壇していただき、発表してもらおうと思っています。そのために、未完成だった壁新聞を13日、14日、参加した子どもたちに「ぬちゆるやー」に来ていただき、作業をする予定です。

 今年度は「おきなわ環境塾」のブースも用意します。時間のある方はどうぞお寄りください。

 また、明日以外にも、「自由研究」のイベント案内に今後放映されるようです。主催者の沖縄コンベンションビューローやQAB、後援者のひとつである沖縄タイムスの情報に取り上げられることもありそうです。

 環境保全、人格形成、争いのない社会の一助になれば幸いです。
posted by 塾長 at 20:57| 林間学校